« スニッファー嗅覚捜査官 | トップページ | 大河ドラマ西郷どん »

真田丸 第43回

第43回 軍議

信之は姉の松に文を託して大坂へ上るように頼みます。
徳川勢の中に真田軍がいるのを見て幸村の目が曇るのを恐れたのです。
14年間この時を待っていた幸村の心を推し量る信之は優しいですね。

京に着いた家康の許に片桐且元が来ています。
家康の親身な言葉に且元は大坂城の内情を洩らしてしまいます。

大坂城では茶々が武器蔵に幸村を呼び出し、秀頼だけは死なせないで、と頼むのでした。
秀頼の命を助けたいのなら徳川の下に付く事さえ承服すれば手はいくつもあったでしょうに。
世の中の事が見えなくなっているんですね。

そして今回の本題、牢人衆の代表5人衆による軍議が始まります。
しかし大蔵卿局に言い含められている木村重成らは籠城を主張し五人衆は4人までも賛成します。
しかし幸村は不承知!と討って出る事を主張します。
策をろくに聞きもせず却下されるのなら九度山に帰るまで、と言いきる幸村に軍議は再開。
最初に毛利勝永が、そして次々に皆が幸村案に賛成し最後に残った後藤又兵衛も「死に場所を探しにここへ来たのか」と幸村に指摘され賛成に回ります。

しかしここで有楽斉が発言。
「初めから籠城以外にはない、金で買われた牢人は身の程をわきまえ我らの指図に従え」
ところが意外にも大野治長がこの言葉に反論します。
「豊臣を守る為に集まってくれた客人です。非礼は許されません。決めるのは秀頼公です」
正論を堂々と述べる治長ですが、このような治長は初めて見たかも。
秀頼は討って出る事を決断します。

しかし茶々は一言の許に反対。
信じられるのは真田だけ、あとの者は城において監視しなければと言います。
秀頼はあっさり母の言葉に従い一瞬で籠城に決定。
全く今迄の軍議は何だったのでしょう、と言いたいところですが幸村は「そうと決まったのならすぐに次の策を」と前向きです。
史実から籠城とわかっているのに、もし幸村の策が取り上げられていたら・・・もしかしたら勝てたかも、とつい思ってしまいました。
脚本お見事と思ったの初めてでした(笑)

又兵衛ではありませんが茶々は大坂城が死に場所と考えているのでしょうか。
母が助かるすべもあったのに北庄城で死んだように。
どう彼女の心を書くのか少し興味があります。

« スニッファー嗅覚捜査官 | トップページ | 大河ドラマ西郷どん »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スニッファー嗅覚捜査官 | トップページ | 大河ドラマ西郷どん »