« ずっと逢いたかった 原作 | トップページ | スニッファー嗅覚捜査官 »

真田丸 第42回

第42回 味方

大坂へ入城した幸村は茶々と再会します。
信長の弟有楽斉が登場し幸村が頼りなどと言いますが退出した後あのくらいおだてておけば・・使い方次第ではなどと言います。
大蔵卿局は余り当てにしないようにとか言うし茶々の側近大丈夫ですか。

そして割り当てられた部屋は文庫でした。しかしそこには刑部吉継も治部三成もいません。
少々ですが感傷的になりますね。
その部屋を巡って相部屋にされた後藤又兵衛から苦情が出て、幸村は長宗我部盛親と相部屋になります。

一方駿府では幸村の大坂入城を聞いた家康が「父親か息子か」とうろたえる場面が、有名な話だけに入れて来ましたね。
出陣を早める家康。

江戸からも秀忠が大坂へ出陣、真田家は信之に代わって嫡男になった信吉が総大将として信政達と出陣します。
その信之の許へ幸村大坂入城の知らせが佐助によってもたらされます。
佐助は作兵衛に幸村が呼んでいる事を告げ、作兵衛はすえの仮祝言を見届けて出立しようとします。
しかし徳川の家臣として大坂行きは許さぬと言う信之と作兵衛の立ち回りは中々の迫力でした。
作兵衛は打倒されますがその時信之には手のしびれが・・・それを温情と誤解した作兵衛は勇んで出立して行きます。違う!と叫ぶ信之、良いところでしたがコメディにしちゃうのが真田丸ですね。
三谷ファンはお気に入りかもしれませんが、私は一寸。

大坂では秀頼の前で軍議が開かれ幸村は」総大将に指名されますが、後藤又兵衛は真向から反対、紛糾した挙句幸村の発案で、幸村。又兵衛、長宗我部盛親。毛利勝永、明石全登の5人が大将として軍を率いる事に決定します。
いわゆる5人衆です。
幸村は前向きに捉えていますが、何事も決められない秀頼と側近の大野治長、そして茶々の側近大蔵卿局と織田有楽斉の態度など。
早くも先行き不安が見て取れます。

日本シリーズのあおりか視聴率が最低だったとか。
これといった見どころの無い回だったせいかもしれませんが。
でも最近は録画率とか言われ始めたしどうなんでしょう。
うちもいつも録画ですし。

« ずっと逢いたかった 原作 | トップページ | スニッファー嗅覚捜査官 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ずっと逢いたかった 原作 | トップページ | スニッファー嗅覚捜査官 »