« 久しぶりの景虎さま | トップページ | スニッファー »

真田丸 第40回

第40回 幸村

九度山の信繁を訪れた明石全登、豊臣家へ味方するように頼みますが穏やかな暮らしに慣れた信繁は断ります。
しかし全登は意外な人物を伴っていました。
現れたのは片桐且元でした。彼は信繁に、今迄の事、現在の豊臣家のおかれた苦境を語ります。

問題になったのは方広寺の鐘に刻まれる鐘銘でした。
有名な事件ですが、鐘銘の国家安康、君臣豊楽の箇所が家康の名を分割した呪詛だと難癖をつけられたのです。
最初の案を徳川方に否定された作者の南禅寺の清韓は書き直しますが、このドラマの演出だと家康に悪意を持って作ったように見えてしまうんですけれど・・・
わざわざ紛争の種になるような。

釈明に駿府へ行った且元は家康に会って貰えず、茶々の使者の大蔵卿局は家康から優しい言葉をかけられ苦しい立場になります。
そして且元が本多正純から出された3か条、秀頼の大和又は伊勢への移封。茶々を江戸へ人質に出す事。秀頼の他大名並みの江戸への参勤交代。
実はこれは且元が大蔵卿局への憤懣から言い出してしまった事がわかって益々苦しい立場に追い込まれてしまいます。

開眼供養の日延べの責任を取らされた且元ですが大野治長らに命を狙われる事にもなり大坂城を出る事になったのでした。
しかし交渉の取り次役の且元の追放は徳川への手切れと解釈され大坂城攻めが決定されてしまいます。

大坂城を去る際三成の残した桃の木と天守閣を見上げる且元の姿は悲しい。
清正ら有力な大名が次々と世を去り一人豊臣家を支えて来た且元の悲哀が良く出ていました。
信繁は、真田左衛門佐は死んだ者とお思い下さい、と大坂入城を断ります。

且元が失望して去ったあときりが信繁を励まします。
あなたは行きたいと思っている。
大軍を率いて戦った事がないと言う信繁に徳川に2度勝った昌幸の血が流れている、後は勇気とはったりだと。
そして今まで何かなし遂げた事があるか、と問います。誰の役にもたっていない、私の好きだった源次郎さまはどこへ行ったの・・・
真田信繁の生きて来た証を何か残した事があるかと叱咤するきりちゃんは恰好良かったですねえ。

このドラマの女性たち、皆感情移入できないけれどいつの間にかきりちゃんだけは贔屓になってしまっている私です(+_+)

きりの去ったあと信繁は今迄出会った様々な人、様々な出来事を振り返るのでした。
信繁は植えてあった里芋を引き抜き大助に残りの里芋全部を取り入れるようにと言います。
先々の為に残しておかなくて良いのかとの問いに良いと答えます。
信繁は決断したのでした。

そして文字を書きそれを一字づつ切り離して壺に入れ大助に選ばせます。
選んだ字は九度山村の村。
昌幸から受け継いだ幸と合わせて幸村の誕生です。

来週は大坂入城でしょうか。
10か月近い予告編がやっと終わり待ちかねた本番ですね。

« 久しぶりの景虎さま | トップページ | スニッファー »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりの景虎さま | トップページ | スニッファー »