« スニッファー | トップページ | ずっと逢いたかった 原作 »

真田丸 第41回

第41回 入城

関ケ原から14年、豊臣、徳川の手切れは確実となり、豊臣からの誘いに応じて幸村はついに大坂入城を決心。
大坂城へ牢人達が続々と入城している様子を聞いた家康は真田の動向を気にして九度山の警戒を厳重にするように命じます。

江戸では信之が手のしびれを訴えています。
そこへ作兵衛がすえとすえの婿として石合十蔵を信之に引き合わせます。
信之は元服を済ませた二人の息子のどちらを嫡男にするか悩んでいました。
二人は同い年ですが信吉の方が1か月早く産まれているのです。
正室稲の産んだ信政は武芸に優れ、こうの息子信吉は武芸より学問に興味がある為信政が家督を継いだら信吉の居場所が無くなると信之は心配するのでした。
稲は先に産まれた信吉を嫡男にと言います。
おこうに今迄尽くしてくれたあなたへのお礼です、と言う稲に涙するおこうです。
この場面、良かったですね。報われたおこうさん、すべてを良かれと考えて自分の息子を二の次に考える稲、素敵な書き方と思いました。


そして大坂へは信吉を大将として出陣させる事を決定します。
九度山では脱出する為真田紐売り上げの労をねぎらって村人を招いて宴を催し、監視役竹本達も参加します。
宴たけなわ、幸村も加わって一同は雁金踊りで座を盛り上げ、一人づつ退場して行きます。
雁金踊り・・・信繁と梅の祝言の時おこうさんが踊りましたっけ、あの時の病身のおこうさんはどこへ・・・
しかし竹本が飲んだ酒は米のとぎ汁だった事から気づかれますが、長兵衛の協力もあって村の若者九兵衛を伴い脱出に成功。
脱出を聞いた家康は半蔵を送って暗殺しようとしますが佐助と立ち回りの末失敗。
このコントは何のためでしょうかねえ。

大坂に着いた一行ですが幸村は老人に変装して入城します。
この時、歯も抜け白髪になっていたとの説に合わせたのでしょうか。
入城した幸村は衣服を改め秀頼に謁見。
早速色々な意見を言い、早くも大野治長は警戒し始めます。
秀頼の前で上田合戦を指揮したのは昌幸でなく自分と言い切る幸村。
二度徳川を破った武将という昌幸の評判を最大限利用するのですね。
家康も真田昌幸と言う名が・・・と言っていましたね。

そして茶々に再会。
「又会えましたね、源次郎」という茶々の言葉でこの回は終わりました。
そうでした、大坂に入城した武将の中で、毛利勝永と後藤又兵衛の紹介がありました。
岡本健一君、とても立派になって大河に戻って来ましたね。
書き方にもよりますが良い役だと思うので期待しています。

きりちゃんは結局側室にはならないのね。
只、春がついて行くと言ったのには厳しく止めた幸村です。戦場で死んだ梅の事が忘れられないのでしょうが、きりは連れて行くんですね。
女としては見ていないけれど、信頼していると言う事なんでしょうか。

« スニッファー | トップページ | ずっと逢いたかった 原作 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸 第41回:

« スニッファー | トップページ | ずっと逢いたかった 原作 »