« 真田丸 第44回 | トップページ | 真田丸 第45回 »

お久しぶりです、マッサン

中島みゆきさんの番組でお目にかかった亀山夫妻!

麦の歌は朝ドラの主題歌の中でも一、二を争う名曲だと思っているし、亀山夫妻はNO1の美しさだった、と信じて疑わないわたくしです。
放送時は勿論、何度見たかわからないくらい繰り返し見たのに又感激してしまった!
あ、もちろん中島さんの番組は素晴らしかったです!!

マッサン・・・玉山さんはまだ行方不明ですね。
何かを撮影中らしいのですが、映画なのかドラマなのか、その噂さえも本当なのかさっぱりわからず。
今のところCMだけでしかお目にかかれず寂しい限りです。
今、これと言って面白いドラマが無いのもなお玉山さん恋しさが募るのかも。

スニッファー
2話で脱落しました。
やはりウクライナ版がとても好きだったのがいけないみたいです。
あちらの方が話がシンプルで、そして主役二人に清潔感があって、鼻栓などと言う代物も気にならないし。
視聴率も余り良くないみたいですね。3話は3%台だったみたい。
まあ、視聴率は必ずしも面白さと連動しませんけれど。


その視聴率ですが・・・
今の朝ドラ「べっぴんさん」
20%はキープしていて好調のように見えますが、私には今いち。
中心になる出演者たちは好感度高いし、これといって欠点は無いように見えますが面白くない。
子供服で有名なファミリアがモデルだとあって、四角いおむつ(私は神戸で生まれたのでお祝いにいただいたそうでお世話になったらしいです)、縫い目が外に出た肌着、刺しゅうをあしらった清楚なドレスなど、素敵な素材がいっぱいなんだからもう少しなんとか興味持てるようにかけないものでしょうかねえ。
そして主人公たちがお母さんに見えない。女学生のままにしか見えないです。
世間知らずのお嬢さん育ちを強調したいせいか、演技もたどたどしく見えてしまう。
みんな若い女優さんなので仕方がないのかも知れませんが。

でもヒロインが新人と言うのはある意味朝ドラの王道を行っているのかも。
新人の登竜門とかいう言葉もありましたし。
このところBK制作の朝ドラでは主演俳優で贅沢しすぎたのかも知れませんね。
「カーネーション」の尾野真知子・栗山千明さん。
「ごちそうさん」の杏さん
そしてマッサン!玉山鉄二・シャーロットさん!
「あさがきた」の玉木宏・宮崎あおいさん・・・・
一線の主役級の俳優がそれも全力投球で役に向かっているのが見えていましたから。
批評するなら脚本、演出に触れなくてはいけないのでしょうけれど、とりあえず目につくところだけで('ω')
「べっぴんさん」は今のところ余り面白くないけれど、不快になるところもないのでとりあえずもう少し見ています。
みずほのCM新聞広告から         
Mza_2        Mt5a_3
 

« 真田丸 第44回 | トップページ | 真田丸 第45回 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 真田丸 第44回 | トップページ | 真田丸 第45回 »