« 大河ドラマ西郷どん | トップページ | お久しぶりです、マッサン »

真田丸 第44回

第44回 築城

前回軍議の末、討って出る事に決定したものの城方の意見で籠城に決定してしまいました。
その知らせは、徳川家康の許に早速届きます。内通者がいるのでしょう。
その内通者は大蔵卿局は茶々の代弁者に過ぎないようですし、織田有楽斉のような書き方ですね。
幸村は大坂城の弱点は南方だと見極め出城を築く事を申し出ますが、すでに後藤又兵衛がその意見を出していました。幸村は又兵衛を説得して出城を築く事になります。

又も有楽斉と大蔵卿局が反対、幸村は茶々に掛け合いますが不調に終わります。
しかし大野治長が独断で許可を出し出城作りが始まりました。
幸村は作兵衛に真田軍の鎧作りを指示します。
かっての武田家で山縣兄弟などで勇猛を誇った赤備えの鎧です。

その頃秀忠の本隊も京に到着、松も京に来たけれど真田隊の近くまで入れず困っていた所出雲の阿国の一座に会い一座に紛れて真田の陣に入る事が出来、信吉、信政に信之の命を伝える事が出来ました。

江戸では信之が小野のお通に「今迄耐える事ばかりの人生だった」と愚痴をこぼしていました。京が戦場になる事を恐れた信之が呼び寄せたようです。
屋敷に帰った信之からお通の焚いた香の薫りに気づいたらしい稲が一寸怖い。

大坂では出城作りの現場に有楽斉が通りかかり、又も出城作りは反対されてしまいます。
有楽斉の「彼の父親は裏切りを重ねて生き残った男」だから信用できないと言う言葉は痛いですね。
出城作りを差し止められ茫然とする幸村を、勝永と又兵衛は城を出ようと誘いますが幸村は豊臣を見捨てる訳には行かないと断ります。
その様子を秀頼が見ていました。
秀頼は「私が許す、私はそなたたちを信じている」と。
そして反対する茶々にこの城のあるじは私ですときっぱり宣言します。
初めて格好良さを見せた秀頼ですが・・・結局母に逆らえなかったと言う結末なんでしょうか。

出城建設の知らせは内通者から家康の許へ。
いらぬところに城を造りおってと、そして真田左衛門佐が守ると聞いて「真田、真田が来たか」又真田かと家康は叫びます。
出城は完成、幸村はやっと城持ちになった、と満足気です。
城の名前は「真田丸」
出城に翻る六文銭の赤い旗印!

今回オープニングがなくいきなりドラマが始まりました。
そしてエンディングにOPを持って来た異例の作りでした。
やっぱり今までは壮大な予告編でやっと本番と言う予感が当たりました!
上田合戦もしょぼかったし、超高速と言われるほど端折った関ケ原合戦。
合戦場面を節約した予算の全部をつぎ込んだ大坂の冬・夏の陣の始まりです。
今迄決して全部面白いとは思いませんでしたがここに来て一挙に期待が高まりました。
まあこんな展開もありかな。

« 大河ドラマ西郷どん | トップページ | お久しぶりです、マッサン »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大河ドラマ西郷どん | トップページ | お久しぶりです、マッサン »