« 真田丸 第43回 | トップページ | 真田丸 第44回 »

大河ドラマ西郷どん

2018年の大河ドラマ、西郷どんの主役が発表されました。

鈴木亮平さん。
西郷隆盛という役には合っているのでは、と思い良いキャスティングだと思います。

一旦は堤真一さんが決定そして堤さんが辞退されたとかのニュースが流れました、どこまで本当だったのでしょうか。
鈴木さんのお名前は脚本家の関係からか、かなり早くから取り沙汰されていましたね。
原作林真理子さん。脚本中園ミホさん。ご存じ花子とアンの脚本家です。

主役は似合っていても作者、脚本家の話からは不安が一杯。
政治と戦争の話はしない、人間西郷を書くと言うことですけれど、西郷さんの一生からそれを取ったらどうなるんでしょう。
そして発表時の会見でBLを、と堂々の宣言。
薩摩はそちらの盛んなお国柄でさらりと書くなら良いけれど前面に出して宣伝しちゃうと言うのは気持ち悪いです。
篤姫との恋もなんだかなあ。

もっとも評判高かった大河ドラマ「篤姫」でも小松帯刀とそう言った話が・・・・
そしても鈴木さんに「裸になっても良い体を作っておくように」と言った脚本家の言葉など聞かされるともう・・・
始まってもいないのに批判するのはどうかとは思いましたが永年の大河ファンとしてつい一言・・・

政治や闘争を離れた人間としての西郷を書きたいのなら、大河ドラマではなく別の枠でやって欲しかったと思います。
まあBLや主役の裸を売り物では朝ドラは無理でしょうから、木曜時代劇などで。

NHKは大河ドラマをどうしたいのでしょうね。
今迄のストレートな話ではなく最近はありえない話を入れてくる変化球ばかり。
当時の人の感性や習慣を無視した現代の倫理観でドラマを作る。
新しい視聴者を獲得したいためでしょうが、今までの大河ドラマを見て来た層は離れて行ってしまってるのではないでしょうか。

只このドラマの制作は桜井Pと梶原Dですね。
プロジェクトXにしかならないような竹鶴政孝さんのお話を朝ドラのマッサンにしてしまったり、近松門左衛門を取り上げてあのちかえもんを作ったお二人ですから、政治、戦争抜きで維新の英雄をどう書くのか逆の意味で一寸興味があります。

« 真田丸 第43回 | トップページ | 真田丸 第44回 »

ひとりごと」カテゴリの記事

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 真田丸 第43回 | トップページ | 真田丸 第44回 »