« net flix へ出演 | トップページ | 真田丸 第49回 »

真田丸 第48回

第48回 引鉄

今回のタイトルは利休の茶室跡から掘り出された馬上筒と夏の陣開戦をかけたものなのでしょうか。

和議がなったはずなのに又兵衛らが夜討ちをかけます。
実は内通者の織田有楽斉を罠にかける為だったようです。
夜襲に驚いた家康は京に戻るはずだと幸村は有楽斉に打ち明けます。

しかし家康は裏をかいて今日中に動くはず、と幸村は佐助に暗殺を命じます。
出立前にきりに無事戻ったら夫婦になって、と佐助が告白した瞬間に断るきり、あっと言う間に消える佐助、切ない話なのに必ず入るコメディ風味です。

大坂城では和睦成立に牢人達を追い出したい大蔵卿局と有楽斉ですが、幸村は家康が戦いを止める積りが無い事を堀を埋めた事を理由に説明反対し、秀頼も反対します。
有楽斉は家康に報告しようとしますが幸村に証拠を押さえられ、大坂城を出て行く事に。
何故彼が徳川に内通していたのか、私には説明不足のように思えるのですが、いい加減いに見ていて見過ごしちゃったのかな。
一方佐助は家康暗殺に失敗、仕留めたのは影武者でした。

そして慶長20年、大坂最後の年に入ります。
家康は駿府に、秀忠は江戸に戻り、徳川方は陣を引きます。
が、幸村は家康が手を引く事などないとみて、大掛かりな防衛線を引く事を考えています。
しかし牢人達を追い出す事をまだ主張する大蔵卿局に治長はきっぱりと「母上は口を出すな、あとは秀頼公と私で決めて行く」と言い渡します。
このドラマの治長さんは恰好良いですね。もしかしたらこれが本当の彼の姿なのかもと思います。

幸村は要害建設、更にその上に大坂城を明け渡して四国へ移る案も提案します。
しかし大掛かりな工事は時間がかかる事から逸る牢人達を抑えようと家族を入城させることを提案します。

このあと幸村は千姫に呼び止められ、江戸に帰りたいと言われます。
秀頼との仲は良かった、と言われる千姫ですがこのドラマは違うんですね。

幸村も甥たちと面会する事になりました。義兄の茂誠や三十郎とも再会します。
実戦経験のある茂誠に幸村は馬で敵陣に突撃する時の得物を聞きます。
茂誠は鉄砲は火縄の扱いに時間がかかるから逆に狙いうちされると言います。
この話から茂誠は幸村が家康を狙って敵陣に突入を考えている事を覚ったようでした。

大坂城では作兵衛の作っている畑が元利休の茶室だった事がわかり、しかも土の中から利休」の刻印の付いた箱が掘り出され、中に」短銃が二挺入っていました。
毛利勝永の解説で火縄を使わず火打ち石で点火する馬上筒だと言う事がわかりました。

なんて都合の良い展開、しかもこの時まだこの銃が開発されていなかったらしいですね。

そして家康から牢人達に暇を出すようにと言って来ます。
それだjけではなく大坂城の金銀も限界にきているのですが、治長の弟治房が配下の牢人の不満を抑える為勝手に金銀与えてしまい、結果牢人皆に金を与える事になってしまいます。

所が牢人達はその金で武具を買い、埋められた堀を掘り返すなど戦支度を始めてしまいます。
この事は家康に聞こえ、彼は好機とばかりに大坂攻めにとりかかります。

その時信之の許に届いた幸村からの書状。
甥たちに会えた喜びと娘末の行くすえを案じる文面に信之は幸村の死の決意を覚るのでした。

決戦を前に様々な事情の説明回でしょうか。

予告で幸村ときりの姿が一寸入りました。
きりが報われるような結末だと良いな・・・

« net flix へ出演 | トップページ | 真田丸 第49回 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« net flix へ出演 | トップページ | 真田丸 第49回 »