« 雑誌掲載 uomo | トップページ | 連続TVドラマ 犯罪症候群 出演 »

おんな城主 直虎 第8回

第8回 赤ちゃんはまだか

大河ドラマ?と思われるタイトルのこの回
表題どおり結婚後4年経ってもまだ子に恵まれない直親夫妻・・・と言うより妻のしのを巡るお話が主です。

冒頭、次郎は駿府の瀬名姫からの文を読んでいます。
雅な連歌の会が催された事、竹千代改め元親との間に嫡男竹千代が産まれた事、そして又懐妊中である事、などなど。
後の宇都宮の吊天井事件の亀姫がお腹にいるのですね。

子が出来ないしのの為に次郎は子作りに効く生薬を揃えています。
高価な麝香が良く効くと聞き、駿府に行く政次に鼓を売って買って来てくれるよう頼みます。
直親の笛に合わせるように、と舅となるはずだった直満から贈られた鼓です。
政次はおのれが飲めば良い、子が出来れば晴れて還俗して直親と添えるのではないか、と
しらっと言います。
しのは子が出来ないのが勿論悩みの原因ですが、それよりも夫の心が次郎にある事の方はが大きいのでしょうね。
次郎を巡るややこしい話はずっと続くのでしょうね。

直親に側室を、との話が出ます。
どんな娘が良いかと聞かれ、さっぱりした気性の者にして欲しいと言う直親は笑えます。
かなり鈍感な直親でもしのは面倒くさい女でしょうからね。

政次が買って来た麝香ですがしのは受け取りを拒否、次郎が子が出来ないように呪っているとか、自害すると言ったり、逆に次郎に斬りりかかったりとか、色々あった末、側女を入れるのは一年待つ事になりました。

主人公が男の子が生まれなかった為に結婚をあきらめ出家、そして女の身で城主となるお話ですからとても「大事な話」なんでしょうが丸々1回使ってこのお話とは・・・
少女漫画の世界のようでしたね。

赤ちゃんの話だけではなく、今川の尾張侵攻が本格化、井伊家にも槍200本の戦費負担が来ます。
そしていよいよ出陣命令が来ますが、直親は留守居役に周り、直盛が兵を率いて出立します。
これも世継ぎが無いのに直親にもしもの事があったらと言う理由から。

駿府では元親が瀬名との、「出来るだけ太守様のお目につくところにおられますように」「わしなんぞは余り出過ぎぬように・・・」「そのような情けないご了見でどうなさいます」との会話の末出陣して行きます。
次回はいよいよ桶狭間です。

« 雑誌掲載 uomo | トップページ | 連続TVドラマ 犯罪症候群 出演 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雑誌掲載 uomo | トップページ | 連続TVドラマ 犯罪症候群 出演 »