« 精霊の守り人 Ⅱ 第6話 | トップページ | ドラマ犯罪症候群 »

おんな城主 直虎 第9回

第9回 桶狭間に死す

今回は織田との合戦に出陣した井伊家に合戦に大敗したとの知らせが入る所から始まりました。
今川義元討ち死にの知らせに元康は三河に帰る事を決心します。

井伊谷には負傷した兵たちが帰って来ます。
そして奥山朝利から政次の弟でなつの夫玄番の死が告げられます。

駿府では思いがけない大敗に狼狽するばかりで家臣に任せて逃げてしまう氏真。
元康は城代が逃げてしまった岡崎城に帰還を果たします。

井伊谷に直盛が首だけになって戻ってきます。
直盛は奥山孫一郎に自分の首を掲げて脱出せよ介錯させて自害します。
何故なのか一寸分かりかねる展開です。
若い家臣を生かそうとしたようですが、当時の戦闘では大将が死ねば終わりでは無かったのかしらん。
危険が迫って直盛を逃がす為に家臣が身代わりになるのが普通かと思ってしまった・・・・

戦死者の葬儀の後、跡継ぎにと直盛が孫一郎に残した遺言は直親ではなく中野直由でした。
驚く一同ですが政次の経験不足の直親を混乱の矢面に立てるのを避ける為では、との言葉に納得します。奥山朝利以外は。
そして娘と孫を奥山へ返すように言ってくるのですが、なつは小野に残る道を選びます。
感動する政次、一寸いい場面かも
そういえば首だけで戻った夫にやさしく語り掛ける千賀の姿も中々良いシーンでした。


千賀は自分の悲しみよりも戦死した家臣の家族に慰めの文を送っています。
疲れてうたたねをする千賀の許で次郎は自分に宛てた文を発見。
文には次郎を思う父直盛の姿が書かれていました。
そこへ直親としのが懐妊を告げに来ました。
気丈に振舞って来た千賀がここで初めて涙を見せます。


政次はなつ親子の事を話し合う為奥山家を訪れています。
二人を人質として小野に留めたいのだろうと言う朝利の言葉から口論になり朝利は政次に斬りかかります。
寺へ戻った次郎は血に染まって倒れこんでいる政次を見つけます。
政次の言葉は「奥山殿を斬ってしまった」
ここで今回は終わりです。

そうそう駿府では元康が三河から帰還しないので、人質として残された娘瀬名と孫の安全を危惧する佐名が葬儀手伝いに訪れた南渓にもしもの時の保護を頼むのですが良い返事をしない南渓の様子も書かれていました。


賢く先が見えその為井伊家での立場が微妙になって行く政次の様子がはっきりしてきました。

« 精霊の守り人 Ⅱ 第6話 | トップページ | ドラマ犯罪症候群 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 精霊の守り人 Ⅱ 第6話 | トップページ | ドラマ犯罪症候群 »