« 野武士のグルメ 配信 | トップページ | 犯罪症候群 追加キャスト »

おんな城主 直虎 第11回

第11回 さらば愛しき人よ

前回の終わり、駆け込んで来たのは元康の家臣石川数正でした。
鵜殿長照の妻子と瀬名たちの人質交換を申し入れ、瀬名親子は助かります。
次郎は瀬名の処刑を引き延ばして時を稼いだのか・・・
三河に立つ前夜佐奈が瀬名を励まします。
あなたは今川を手に入れると言ったのは母の仇を討つつもりだった…今度こそ今川を手に入れなさい(今川を滅ぼす男の妻として)と。
瀬名のその後を知る者としては辛い言葉ですね。
親子の別れでした。佐名は元親の裏切りの為今川の手で死に追い込まれるのです。

崩壊していく今川の中で為す術の無い氏真を叱咤する寿桂尼
「事は起こす前に握り潰すのです」

一方井伊には元康からの使者の山伏が訪れ礼の品と鷹狩に招待します。
直親は政次と相談の上、今川から離れ元康の誘いに応じる事に。
鷹狩に現れた元親は実際の元康とは別人。
見ている者にはここでもう直親の危機を覚るのですが・・・
帰った直親は上首尾だったと政次に報告。どんな人物かと聞かれ手に刀傷があったと説明します。

政次が駿府に出かけた後、寺に松下常慶が元親からのお礼を持って現れたます。
今川に試された事が分って大騒動になります。
ここの箇所、面識のない山伏の言葉を易々と信じるものでしょうか。
本物の使者はちゃんと知っている人物が使者になっています。
直親も政次も不用意すぎるように書かれていて一寸不満です。

駿府では政次が寿桂尼から直親の書状を見せられ松平への内通を問いただされ、殿の手とは違うとか何とか言い抜けようとしますが、偽家康が登場、その手の傷を見て完敗の政次です。
目付のくせに内通に加担したのかと詰め寄られ、今川を裏切る事は無いと言い切ってしまいます。井伊を守ろうとして裏切り者になってしまった政次でした。
「事を起こす前に云々」の寿桂尼の言葉はこれだったのか、と。

井伊では元親に助力をあっさり断られ、次郎は瀬名を頼り人質として井伊へ来て欲しいと頼むのですが。
しかし瀬名の立場は、寺に捨て置かれて人質としての価値も無く立場も微妙です。
瀬名は一旦は同行を承知しますが次郎だけを外に出して門を閉めてしまいます。

井伊では今川の兵が来ている事を知り、直平たちは迎え撃つと言うのでしたが、直親はもし虎松がそのような立場になったら・・頼むと、一人で責任を取る事を告げます。
そしてしのと虎松に別れを告げ「生きていれば必ず好機はある」と虎松に語りかけるのでした。
駿府へ発つ前次郎と会う直親。
「男であったらよかった、ならば駿府へ行くのは自分だった」と言う次郎の言葉は胸に迫りました。
「それは困る、次郎が男だったら自分のたった一つの美しい思い出がなくなってしまう。」
そして直親は戻ったら一緒になって欲しい、と言い次郎もそれを受けるのでした。
決して帰ってこないと知りながらやっと本音を交わし抱き合う二人の姿は見て辛かった。
駿府へと立った直親の前に待ち受けていたのは今川の兵でした。


余り期待せずに見始めたこの大河、途中までは少女漫画風に思えてどうなる事かと思って見ていましたが、回を重ねるごとに面白く先が楽しみになって来ています。
残念な事に三浦春馬さんはもう退場なんですね。
何なら直政と2役でも良かったのに。

« 野武士のグルメ 配信 | トップページ | 犯罪症候群 追加キャスト »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主 直虎 第11回:

« 野武士のグルメ 配信 | トップページ | 犯罪症候群 追加キャスト »