« 犯罪症候群 season1 第2話 | トップページ | 犯罪症候群 season1 第3話 »

おんな城主 直虎 第15回 

第15回 おんな城主対おんな領主

色々とありまして、やっと15回を見ました。折角見始めたドラマなので周回遅れにならないようになんとか簡単に感想を上げて見ました。

直虎が徳政令を無視した事は寿桂尼の怒りを買い、直虎に申し開きに来るように政次に命じます。
直親のように駿府に弁明に行く途中殺される事を恐れる家臣達。政次は虎松の後見を下りるように言いますが直虎は聞きません。
直之も同じ意見で結局直虎は傑山はじめ龍譚寺の僧達を護衛に駿府へ発つのでした。

直虎を見送った南渓は直之を百姓たちに手習いを教える手伝いに誘います。
その場で直虎が駿府に発った事を知った百姓達は何とか直虎を助ける事を考えます。
そしてなつは南渓に政次が虎松の後見になろうとしているのは井伊家を守ろうとしているのでは、と話しますが南渓はそれを認めてしまえば彼が盾になろうとしている事が出来なくなるだろう、と言うのでした。

一方駿府に発った直虎が泊まった山寺で蛇に悲鳴を揚げる騒ぎのあと、政次はまだ間に合うから後見を下りるように言いますが直虎は聞きません。
この時おとわ、と呼びかける政次です。
ここでもうかなりはっきり彼の心が表されていましたね。

直虎一行は賊に襲われ、政次も応戦しようとしますが、危うい所を直之に救われます。
一行が危険な目にあった為直虎は南渓からいざとなったら後見を譲るようにと言われたように政次にその旨の手紙を駿府に届けさせます。
駿府では井伊の使者として直之が来たと聞き寿桂尼が会いますが、そこに現れたのは直之の衣裳を着けた直虎でした。

寿桂尼に寺社領には守護でも介入出来ないと仮名目録にあると弁明する直虎ですが、それには追加の項目のある事を知らされます。
その時井伊家から直虎に後見をと言う百姓たちの嘆願書が六左衛門によって届けられます。
それを見た寿桂尼は直虎が後見になったら井伊家をどうする積りかと問い、直虎は民をうるおすと答えます。民がうるおえば井伊がうるおい、ひいては今川がうるおうと。
寿桂尼は直虎に井伊をうるおすようにと命じますが、2度は無いと思え、と厳しい言葉を言うのでした。
危機を脱した一行を出迎えたのは村人たちでした。

今回は政次の真意がかなりはっきり書かれていました。
ずっと直虎が好きなのにわかって貰えない切なさ・・・見ていても切ない。
高橋一生さんの表情は素晴らしかったです。
そして直之、六左衛門が一つになって井伊家がまとまったのかな、と。
でも大河ドラマとしては地味ですねえ。
おんな大河なj公卿の姫君でありながらおんな領主と呼ばれる程の力を発揮した寿桂尼を主人公にした方が余程スケールの大きい面白いものが出来たのでは、と思いながら見ています。

« 犯罪症候群 season1 第2話 | トップページ | 犯罪症候群 season1 第3話 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主 直虎 第15回 :

« 犯罪症候群 season1 第2話 | トップページ | 犯罪症候群 season1 第3話 »