« 犯罪症候群 season1 第1話 | トップページ | 犯罪症候群 season1 第2話 »

おんな城主 直虎 第14回 & 犯罪症候群視聴率等

第14回 徳政令の行方

徳政令を撤回した直虎に不満の百姓たちは蜂前神社の禰宜と諮り、今川から井伊へ徳政令を出すよう命令させるのでした。
南渓と相談した直虎は仮名目録にある守護不入(守護の権力の及ばない寺社等の権利)の特権を使い二村を龍譚寺の寺領にします。

しかし承服できない百姓達は放久をさらって監禁します。
単身村へ向った直虎ですが百姓達は逃散して村は無人です。
探し回って万策尽きた直虎が神社で徳政令を認める文書を書き始めます。
その時一匹の亀が這い出て書面の上で動かなくなりました。
亀に直親の心を見た直虎は文書を破棄、村へと向かいます。

そこで田植えの時期を逸しかけていた苗代を見て、追いかけて来た傑山達と田植えを始めます。なんと夜になっているのですけれど。
その様子を見れば百姓達は戻ってくると考えたのでした。
その考えどおり百姓達も一緒に田植えを始めます。
最後まで反発していた首謀者の甚兵衛も直虎の条理を尽くした説得に応じるのでした。

一方、新野姉妹には母祐椿尼の化粧料の土地を、しのには川名村を与えると言いますがしのは直親」との思い出の祝田でなければ嫌だと言い、直虎による虎松の後見も拒否します。
蜂前神社の禰宜と諮った政次の策は失敗しましたが、今川から直虎に呼び出しがかかります。
この時の政次の見せた一瞬の表情は、今迄今川との間に立って色々画策してきた政次の心情の複雑さを表していたのでしょうか。

百姓が年貢を納めないと領主はやって行かれませんね。
そこを衝いた百姓たちの逃散と言うストライキ形態や、守護不入、化粧料など大昔習ったお勉強のやり直しの回でした(笑)
余り取り上げられた事の無い小国の内政問題など、面白いと言えば面白いけれど・・・
やはり地味ですよね。

犯罪症候群 

第1話の視聴率が5.8%だったそうです。
低いように思えますが、今までの土ドラでは倍近くの視聴率でした。
深夜枠と言う事を考えると健闘したと言って良いかと思います。
細かい所で不満があるものの、面白かったですし、この時間帯では勿体ないな、と。
そして玉山さんの武藤をもっと沢山の人に見て貰いたいなと。

あと玉山さんの髪型。マッサンの時と同じに見えますね。
役柄によっていつも髪型から変えて臨む彼があえて同じ髪型にしたのは・・・と色々考えてしまいました。
別に意味は無いのかも知れませんが、一寸気になって・・・

  Mm1a  Hna

« 犯罪症候群 season1 第1話 | トップページ | 犯罪症候群 season1 第2話 »

TVドラマ」カテゴリの記事

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主 直虎 第14回 & 犯罪症候群視聴率等:

« 犯罪症候群 season1 第1話 | トップページ | 犯罪症候群 season1 第2話 »