« おんな城主 直虎 第14回 & 犯罪症候群視聴率等 | トップページ | おんな城主 直虎 第15回  »

犯罪症候群 season1 第2話

season1 第2話

自分の心に潜む獣性に気づき2度と犯罪捜査には加わらないと言う武藤を捜査の世界に引き戻す為手段を択ばない環。
娘の真梨子が深夜補導された事実迄知っていて「娘が居なくなったらわかるかも知れない」と言う環、自分に従わなければ娘は無事には済まない、と匂わせる環に武藤は「やり方は自分で決める、娘には手を出さないで下さい」と言い捨てるのでした。
唯一の手がかりの田村から事情を聴くため近づく武藤は、田村が発信していたblogの中にヒントを見つけます。

玩具の新製品開発のモニターと言う事で幼児の相手をしている咲子は、元保育士。交通事故で寝たきりになった母親の介護の為職をやめ、netで知り合ったジーニアスと名乗る男からの依頼でモニターを引き受けていますが、子供を連れて来る若い男の乱暴な態度から不審を持ち、net検索で田村のblogにたどりつきます。
咲子がblogあてに入れたメールから武藤は咲子の存在を知ります。

咲子が不審を持った事を知ったジーニアスは咲子との交渉をうち切ってしまいますが咲子は若い男が競輪に夢中だった事を手掛かりに競輪場へ探しに行き、咲子をつけていった武藤は男の住所を突き止めるのでした。

一方鏑木は環が裏で不審な動きをしている事に気付き武藤に環には近づくな、と忠告。
武藤の妹である婚約者を殺された鏑木は「刑事を続ける事が俺の禊だ」と言います。
冷静に見えた鏑木の心中が初めて明かされたシーンでした。
更に鏑木は環に会い、武藤には手を出すなと言うのですが。

事件を突き止めた武藤は咲子に事情を知らずにバイトをしただけなら罪にならない場合もあるから、と協力するように言うのですが咲子は「なんの事だかわかりません」と答える場面で第2話終わっています。

今回、展開が早くて面白かったです。
あっと言う間に咲子からジーニアスまで辿りついてしまいました。
こんなに早くジーニアスに行きついてしまい高梨親子の話をどう絡ませるのでしょうか。
気になるところですが。

咲子が介護に明け暮れる閉塞感の中netで知り合い「仕事」を依頼してきたジーニアスに唯一安らぎを求めるところ、そして武藤の妻が何故警察をやめたか告白しようとする彼を遮って「わかっているから・・・言わなくて良い、只真梨子はまだ子供だから」と言うシーン。
この二つのシーンがあるだけで重く、殺伐としたドラマに一寸うるおいを感じて良かったでした。

只どうしても武藤の家庭環境の設定には無理を感じてしまいます。
鶴田さんの妻は姉さん女房と言う事でなんとか納得しても、子供が大きすぎて馴染めない。
せめてもうちょっと幼い感じの子を使ってくれたら、と思ってしまいます。
妹の相手が年上の鏑木と言うのもしっくり来ないし。
でも文句言いつつ楽しんで見ています。次回が待たれますね。

Ha21a_2  Ha24a

« おんな城主 直虎 第14回 & 犯罪症候群視聴率等 | トップページ | おんな城主 直虎 第15回  »

TVドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犯罪症候群 season1 第2話:

« おんな城主 直虎 第14回 & 犯罪症候群視聴率等 | トップページ | おんな城主 直虎 第15回  »