« 犯罪症候群 season1 第4話 | トップページ | 7年!そして9年・・・ »

おんな城主 直虎 第17回 

第17回 消された種子島

今回は直之が種子島銃を手に入れ、直虎に実演し説明するところから。
直之は購入を主張しますが、直虎はその威力を認めたものの十貫文と言う高い値段に引いてしまいます。方久も消極的です。
直虎は今ある銃を手本に井平の刀鍛冶に造らせる事を思いつきます。
刀鍛冶は銃身はすぐ出来るが発射装置が難しい、と言いますが何とかやってみる事になりました。
そして鉄砲造りは政次に内密にしますが、発射実験の時の弾をなつの息子の亥之助が拾って政次にこれは何かと聞くので、これはもうばれてしまいますよね。

そして話は井伊の跡取りの虎松の事に。
寺では亥之助が五目並べの相手をしていますが、虎松に遠慮して勝たせてばかり。
この場面を見た直虎はこれでは進歩が無いと真剣に勝負するように命令します。
井伊の跡取りがこれでは困る、と
当然虎松は負けてばかり。
しのの過保護からか気弱な虎松は泣いてもう寺に行きたくないと言い出します。
どうすれば良いか困りはてた直虎は又、泉の所で出会った旅の男に会い、一度勝てば楽しさを覚える、と言われます。彼は南朝の皇子の埋蔵金を探していると言いますが今回もまだ身元不詳のまま。

直虎は虎松を鍛えようと、父の直親が文武に優れていた事を話して聞かせ虎松も父のようになりたいと決心します。
そして特訓のあと再び亥之助と対戦。勝負には負けますが、虎松は泣かずにもう一度!と勝負を所望。
見ていたしのも、教育係の昊天に井伊の跡継ぎに相応しく鍛えて欲しいと言うのでした。

虎松の問題は片付きましたが、井平の鍛冶場から種子島銃が盗まれてしまいます。
持ち出したのは政次でした。やはり弾から気づいたのですね。
このような事をしてまた謀反を疑われる、さっさと後見を下りろと迫るのでした。

成長して赤鬼と言われた直政のひ弱だった幼少時のepisodeと、政次の絡んだ種子島の二つの話でしたが、かなりtone downした感じで余り面白くありませんでした。話が地味過ぎて。
やはり大河ドラマと思うからでしょうか。
政次の真意も仄めかされるだけで一寸いらついて来たし・・・まあこう書くしかないのかも知れませんが。

« 犯罪症候群 season1 第4話 | トップページ | 7年!そして9年・・・ »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 犯罪症候群 season1 第4話 | トップページ | 7年!そして9年・・・ »