« 離婚弁護士など、から | トップページ | 犯罪症候群 season1 第6話 »

おんな城主 直虎 第18回 

第18回 あるいは裏切りと言う名の亀

種子島の制作は今川への謀反、直虎に後見を下りるように迫る政次。
直虎は申し開きの為政次と同行して駿府に行きます。
寿桂尼にとりなしを頼むつもりでしたが寿桂尼は重い病気で明日もわからぬ有様でした。
駿府ではすでに方久が今川氏真に種子島を献上していました。
あと一息で出来るところまで来た種子島、これを今川で完成させるように直虎から申し付かった、と。
未完成の種子島を鍛冶の五平ごと売りつけてしまった事で謀反の疑いは無くなりました。
そこへ武田で信玄が嫡男の義信を幽閉したとの知らせがはいります。
義信の正室は氏真の妹です。同盟関係が危うくなる事を恐れた氏真は病床の寿桂尼に泣きつきます。

井伊谷に帰った直虎は自分の無力に気づき、相談された南渓は兵法の書孫子を学ぶように勧めます。
中々捗らない勉強に、余り深く考えず、気に入った言葉を拾う方が頭に入る、と助言する直之が可愛いですね、すっかり忠実な家臣になっています。
駿府からの政次の土産の落雁を持ってなつが祐椿尼のところに来ています。
そこでなつは政次の事を優しいひと、夜道を照らす秋の月のような方と表します。
祐椿尼も今更のように井伊家の乗っ取りを企むのに何故妻帯もせず子も作らない事に疑問を持つのでした。
直虎は孫子の敵を欺くには味方からの言葉に今更のように政次の真意に思い当り南渓に相談しますが、南渓は「仲良しごっこをしては政次が積み上げて来たものが無になる」と諭すのでした。

直虎は直接政次に会い思う事を語ります。「吾をうまく使え、吾もそなたをうまく使う」
政次は戦わずに済む案を考えると答え、今川と武田の同盟関係が崩れかけた今、武田、松平の情勢に気を付けるようにと進言。
南渓は今川、武田、松平と関係の深い松下常慶とつながりを持つように勧めます。
そして松平に遺恨は無いかとの問いに直虎は恨みを抱えるような余裕はないと答えるのでした。いずれ瀬名に文を書くとも。

駿府では一大事に瀕死の床から蘇って信玄に書を書く寿桂尼の姿がありました。
井伊谷では綿花の収穫を迎え活気づいています。その一方で山賊の群れの様子が。旅の男として登場していた頭が正体を表すようです。


今回、今迄誰にも知られぬように密かに直虎を守って来た政次の真意がとうとう明らかになりました。
もう後見から降ろす事ではなく直虎を守る決意をした政次ですが、最後の破局にどう持っていくのでしょうか。
それと暫く井伊家の内政が主に描かれて来たこのドラマでしたが戦国の世であることに触れて来ましたね。
信玄は登場するのでしょうか。一寸興味が持てます。


土曜の「犯罪症候群」日曜のこの「直虎」と続けて感想を上げるのは中々大変で・・・
この感想を書き始めた時はまさか土曜の深夜に玉山さんのドラマが放送されるなんて考えもしなかったので。
頼まれもせず勝手に書いているのですからやめてしまえば良いのでしょうが、政次の最後をどう書くのか興味があるので遅れ遅れですが何とか書いて行きたいと思っています。

« 離婚弁護士など、から | トップページ | 犯罪症候群 season1 第6話 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

菜の花さん!
いつも感想をありがとうございます。
週に2本の感想をまとめるのは大変なこととは解っていながら
ついつい楽しみに待っています。
現在放送の2本のみならず、ずっと書かれてきたものを読み返
すのも楽しみのひとつです。
玉山さんへの息の長いファンである、菜の花さんの含蓄ある
コメントやメッセージは、私にとってもうれしいものです。
読者は、たとえどんなに遅くなっても続けられることを願って
いると思います。

ゆうさん
おはようございます。
いつもご覧いただきそしてコメント有難うございます。

内容が重いだけに大河と重なると一寸大変かな、と弱音が出ました。
励まして頂いて有難うございます。
玉山さんのドラマの感想UPは当然(笑)ですが大河は両親が見ていたので
幼い頃からずっと見ていてやはり特別な思い入れがあります。
挫折したものもありますが今期は何とか見届けたい気持ちがあります。

拙い感想ですが頑張りますのでこれからもよろしくお願い申し上げます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 離婚弁護士など、から | トップページ | 犯罪症候群 season1 第6話 »