« 犯罪症候群 season1 第7話 | トップページ | 犯罪症候群 season1 最終話 »

おんな城主 直虎 第20回 

第20回 第三の女

直親の遺児と名乗る少女が井伊を訪ねて来たところから始まりました。
この少女高瀬は直親が信濃に避難していた時に土地の娘との間に産まれた子と言うのですが母も亡くなり証拠はありません。
直虎は動揺するものの良く調べてから、と言い彼女に井伊家にとどまるように言います。
高瀬の事は虎松の口からしのの耳にも入ります。
しのは意外にも落ち着いています。高瀬の生まれたのはまだ自分が直親の妻になる前の事、それより許嫁だった直虎を気遣って見せるのでした。
しのは全く嫌味な女に描かれてますね('ω')

直親が身を寄せていた松岡家へ問い合わせても確証は得られませんでした。
相談された政次は武田の間者の疑いもあり受け入れない方が良いと言います。
その時高瀬が口ずさむ歌が聞こえて来ます。それは亀之丞が笛で吹いていたメロディでした。
聞かれた高瀬は母親が良く口ずさんでいたメロディだと答え、この事で直虎は高瀬を直親の遺児だと認めます。

しかし内心穏やかでない直虎が井戸の場所にいるとしのが訪ねて来ます。
お互い直親に裏切られた胸の内を明かし合い直親の不実を責める事で二人はなんと意気投合してしまうのです。

高瀬は正式に井伊の姫として迎えられお披露目の会が開かれるのでした。
直虎としのの打ち解けた様子に政次は「死せる直親、生ける二人を結ばせる・・・jか」と呟きます。
これは三国志の「死せる孔明生きる仲達を走らす」からの言葉ですね。

そして松下常慶が訪ねて来ます。今川、武田の手切れなどに織田信長の力が働いている事を聞きます。
駿府では鉄砲の生産がうまく行かず、駿府の商人に任される事になり怒った方久は駿府に見切りをつけ気賀へ目を向けるのでした。
次回は来賀へ舞台が移り柳楽さんの出番が多くなるのでしょうかねえ。

直親の娘と名乗る少女の訪れによる騒動がメインに、今川、武田など井伊家を取り巻く外の情勢が、家康もほんの少し登場し少々書かれた回でした。
高瀬姫は元々隠し子などではなく正式な直親の娘だったようですね。
それをこういう扱いにして益々ホームドラマになって来た感があります。
親しみやすくて良いと言う声もありますが、やはり大河枠と思うと私には物足りません。
特に直虎としのが直親の不実を言い立てるところですけこましなる俗語が使われたのには吃驚。

まあこれから信長が登場、家康もとなれば少しは政治向きの話も多くなろうか、とは思いますけれど。

« 犯罪症候群 season1 第7話 | トップページ | 犯罪症候群 season1 最終話 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 犯罪症候群 season1 第7話 | トップページ | 犯罪症候群 season1 最終話 »