« 犯罪症候群 season2 新キャスト | トップページ | 犯罪症候群 season1 第7話 »

おんな城主 直虎 第19回 

第19回 罪と罰

武田、今川の手切れ寸前の情勢ですが、又領内の話になりました。
綿の収穫について、甚兵衛の提案で綿を作るだけでなくそれを紡いで織り布にするところまでとの話から始まりました。
そこへ近藤が訪ねて来て井伊の者が近藤領内の木を盗んだと抗議に来ます。
他領から大勢の人間が働きに来た事に偏見があるような。
口論の末双方で確認に行くと、井伊領内の木も盗まれていました。

駿府での種子島の制作がうまく行かず氏真が苛立つ様子、寿桂尼が回復した様子などを挟んで、山狩りをすることになります。
直之、傑山らの山狩りの結果賊を捕まえると泉で知り合った旅の男でした。
すぐ殺そうとする近藤に直虎は井伊で処罰すると言い身柄を引き取ります。
井伊でも盗人は死罪と決まっている主張する直之、政次ですが直虎は無茶な理屈をつけて何とか助けようとします。

政次は直虎には内密に近藤に引き渡す事を図ります。
それを知った直虎が政次をなじると、盗人が虎松をさらったリ、瀬戸村に押し入ったりしたらどうする、と言い返され、反論出来ません。
その間に捕らえていた男は脱走してしまいます。
彼が山賊の頭であることがやっと書かれました。

そして駿府には幽閉されていた義信が廃嫡、氏真の妹は離縁と言う決定的な知らせが届き、
寿桂尼は松平との同盟を考えるのでした。
井伊では祐椿尼が直親の遺児と名乗る娘が訪ねて来たと言う衝撃的な知らせを持ってきたところで終わり。

今回は盗賊の処分を巡って直虎と政次が激しく言い争う場面がありました。
政次の言い分は全く正論で、直虎は滅茶な理屈を言い立てているのですが。
命を無駄にすらな、血を流すな、と言う言葉には重さがありましたね。
身内をすべて殺された、そして直虎がおんなだから言える言葉でしょうか。

« 犯罪症候群 season2 新キャスト | トップページ | 犯罪症候群 season1 第7話 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 犯罪症候群 season2 新キャスト | トップページ | 犯罪症候群 season1 第7話 »