« おんな城主 直虎 第21回  | トップページ | 犯罪症候群season2直前special & おんな城主 直虎 第22回  »

原作と映像化 犯罪症候群

犯罪症候群season1が先週終わりました。

原作は貫井徳郎さんの症候群seriesから。
何度も書いた事でもあり今迄このblogをご覧になった方には鬱陶しいかも知れませんが以下おさらいします。
警視庁人事2課の環が指揮して事情があって退職した警官が表だって扱う事の出来ない事件を裏から捜査すると言う作品でした。

原作は失踪症候群、誘拐症候群、殺人症候群の3部作、連作ですが事件はそれぞれ独立した話です。ただし捜査する環と元警官3人は各話を通して登場します。

ドラマでは元警官は一人だけ、誘拐症候群にメインで登場する武藤一人です。
武藤は元機動隊員、デモ鎮圧の時揉み合った相手に本気で殺意を抱き、その自分に潜む獣性に恐怖して退職、出家して托鉢僧として生きています。
その彼に関わった事件の捜査方針に疑問を持ち、一線から外された原田(妻と高校生反抗期の娘がいます)と、未成年者に妻と幼い娘を殺され本気で犯人を殺そうとして退職せざるを得なくなった倉持の二人のキャラを合わせてドラマに武藤として登場させています。

鏑木はこの2作には登場しませんし武藤とは何の関係もありません。
殺人症候群で警視庁捜査一課の巡査部長鏑木として登場。
一方犯罪被害者の会の矢吹響子の協力者として、心神喪失や未成年の為、殺人を犯しながら罪を償っていない犯人を殺す渉として書かれています。
小説では警官の時は鏑木、そして響子の協力者の時は渉として姓と名を使い分けて登場。二人が同一人物だと言う設定はこの小説の最大の山場であり魅力になっています。

このblogでもでこの鏑木の裏の顔に触れていて驚いた事を書きましたが(「犯罪症候season2 新キャスト」)、更に最終話ではなんと予告に鏑木の職業殺人者とししての顔を堂々と出していてなお吃驚しました。


それまでは少々違和感はあってもかなり面白く見て来ていたのにここでネタバレさせてはこれまでの8話はseason2の前振り扱いになってしまうじゃないか、と思ったし又season2を見る上にかなり興が削がれてしまいました。

読者として、又ドラマの視聴者としても不満がいっぱいでしたが、原作者の貫井徳郎さんが
WOWOWへ最終話にこの予告を入れて来た事を抗議なさっている事を知りました。

作者が仰っているようにこの仕掛けは作品のいわゆる肝であり、この三部作で一番高い評価をされている所でもあるのでこの抗議は当然の事と思います。
更に映像化では難しいこのトリックの取り扱いについては何度もスタッフと打ち合わせをして真相を明かすタイミング迄決めておかれたとの事でなお驚きでした。
視聴者としても有料放送だから出来る作品と、今迄WOWOWの作品に置いていた信頼を一度に裏切られたような気分でした。

鏑木をseason1から登場させる為に無理に武藤に絡めた脚本にも無理があったし、一番大事な事を大切にせず何が言いたくてこの作品を映像化したのでしょうか。
面白い小説は大事に映像化してもらいたいと心から思いました。

只、貫井さんも俳優の演技は賞賛して下さっていて玉山さんファンとしては嬉しい限りですが。

「出演者の皆さんの熱演は賞賛に値するものだと思う。このドラマを面白いと言ってくださる人が多いのはその熱演の賜物だ。」

http://tokuro-nukui.hateblo.jp/

でもこの予告でseason2への視聴への期待が下がったのは事実でそれはとても残念です。
試写会発表の記事にもいつも程乗れなくて・・・

まあ言いたい事を書いてしまったので、きっと文句は言うでしょうがちゃんと見ると思いますし、season2放送前の特番も取り上げてしまうかも・・・

« おんな城主 直虎 第21回  | トップページ | 犯罪症候群season2直前special & おんな城主 直虎 第22回  »

TVドラマ」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

はじめてコメントさせていただきます。
いつもブログを楽しく(勝手に)拝見し、過去の玉さん記事も読ませていただいています。
貫井さんのご意見、約束を守らないwowwowが悪いのは勿論です。
ただ、ドラマを楽しんでいた側からすると、貫井さんのブログもネタバレだと思います。
終わってから抗議してもよかったのでは…。勝手な意見ですが。
それはさておき。直前SPで玉さんが役について「自分ならどうするとは考えない。武藤という人を作っていく」的な事を話していましたね。多くの役者さんが自分ならどうするかとよく口にしてますが、玉山さんはやっぱり凄い!役によって全くの別人になれるのはこの考え方の違いですね〜。あんちゃんと武藤さんですもんね。この事に共感して欲しくて思わずコメしてしまいました^ ^
これからも、ともに玉さんを応援しましょう!長文失礼致しました。

めぐりん様 こんばんは
いつも読んでいただいて、又コメントも有難うございます。

玉山さんの作り出す「人」「世界」が大好きでずっと応援して来ました。
役によっていつも違う顔を見せてくれる彼をいつも楽しみにみています。
勝手な事ばかり書いていますが楽しく読んで頂ければければこんな嬉しい事はありません。
成長し続ける玉山さんをご一緒に応援して行かれれば幸せです。

又お越し下さいませ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おんな城主 直虎 第21回  | トップページ | 犯罪症候群season2直前special & おんな城主 直虎 第22回  »