« 犯罪症候群 season1 最終話 | トップページ | 原作と映像化 犯罪症候群 »

おんな城主 直虎 第21回 

第21回 ぬしの名は

木綿の売り込み先を探して気賀に来た直虎達は有力な商人中村与太夫に会います。
帰りに市場に立ち寄った直虎は異国の珍しい品に見とれている内に子供に銭を掏られてしまいます。
その銭は井伊の民の汗のにじんだ銭、と追った直虎は逆に賊に捕まってしまいます。
その直虎の前に現れた盗賊の頭は竜雲丸でした。
彼をなじる直虎は領主は民から収穫を奪う大泥棒だと言われてしまいます。

井伊では直虎の行方がわからなくなり大騒ぎですが、そこへ盗賊たちが身代金を要求してきます。
指定された場所で直虎は無事発見されますが、盗賊の狙いは馬であったことが判明。
しかし傑山の弓にあっさり撃退されてしまいます。
傑山さんは相変わらず恰好良いですね。今のところこのドラマ唯一のイケメン担当?

井伊では方久が新しく材木を扱う商売を持ちかけます。しかし伐採等の人手が足りません。
直虎は竜雲丸と手を組む事を思いつき、中村与太夫をとおして彼を呼び出します。
領主は泥棒と主張する彼を説き伏せ一緒にやっていく事になりました。
奪い合わずに済む世を作ると言うけれどこの時代そのような理想論がうまく行くのでしょうか。
しかしこれで晴れて竜雲丸がメインの出番となるのでしょうか、どう井伊に関わって行くのか
そこは一寸気にはなります。

結局今回も周回遅れ寸前の感想になってしまいました。
面白くないと言う訳ではなし、直之を演じている矢本悠馬さんのように魅力的な人も発見したりして楽しんだりはしているのですけれど。
でもやっぱり少し何か足りないのかな・・・

先日netで朝ドラのひよっこの感想を見たりしている時、朝ドラはじめTVドラマの感想をUPされているあるblogを見つけました。
朝ドラはずっと取り上げているようなのでたまたま暇でしたのでマッサンの感想を見ました。
見ていくうちに大袈裟ですが心が冷えましたね。
気に入らない所の批判の羅列だけでした。そこまで気に入らなくて良く毎朝見ていられるものと、驚いたくらい。
私にとってこのドラマがそうならないように祈りたいです。

« 犯罪症候群 season1 最終話 | トップページ | 原作と映像化 犯罪症候群 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主 直虎 第21回 :

« 犯罪症候群 season1 最終話 | トップページ | 原作と映像化 犯罪症候群 »