« 原作と映像化 犯罪症候群 | トップページ | 犯罪症候群 season2 第1話 »

犯罪症候群season2直前special & おんな城主 直虎 第22回 

犯罪症候群season2直前special

season1の回想と2の予告、そして出演者のinterviewと盛り沢山でした。
やはり鏑木の殺人者としての顔が最初から明かされるような感じです。
何度も言っていますが、原作を読んで知ってはいても映像では成立させるのが難しいトリックをどう扱うかに興味があったので、やはり私としては期待値が下がってしまっています。
只武藤がずっと犯罪を追う立場として登場するようなので、余りに可哀想そうだった「1」とは違ってその点は少しは楽に見られるかな、とも思うし・・・
でも武藤が原作のどの部分を担当するのか最後の描き方によってはかなり悲劇的な結末になるかも知れないし、原作を離れちゃっているのでどうなるかと言う楽しみもあります。

確かこの番組は無料放送だったと思いますしinterviewは、公式にも上がっていますのでご覧になった方も多かったかと思いますが、interviewの玉山さんがとても素敵だったので思わず取り上げてしまいました。
撮影に入って最初は役に入るのにかなり苦労して周りを見る余裕が無かった事、半分を過ぎた頃からやっと渡部さん達共演の方と話す余裕が出来た事など、いつも真摯に取り組む玉山さんらしいお話でした。
渡部さんもとにかく真面目!と仰ってますね。
愚直で真面目と武藤を評する玉山さんですが、ご自身にそっくりでは。

Sp7a  Sp8a


玉山さんが役のルーツととらえるsceneの撮影が終わった直後の映像が印象的でした。
2になってもお衣装は変わらないのね(^^♪

Sp6a   Sp0a

おんな城主直虎 第22回 虎と竜

直虎は木材伐採の為竜雲丸配下の盗賊集団を利用する事にしました。が、材木の伐採などには役に立つ彼らですが、村人達の警戒心もあって様々な軋轢が起きます。
賭博で村人からお金を巻き上げたり、あとで誤解とわかりますが少女を追いかけたりとトラブル続出です。
まあ見るからに胡散臭いよそ者の集団ですから誤解もあって当然かと。

政次は木材伐採の技術を取り込んだら彼らと手を切れば良いと言いますが、直虎はそんな使い捨てには出来ない、と反発。
猪が出た気配からヒントを得て猪鍋で彼らと村民たちの親睦を計画します。
猪は捕れなかったけれど鍋を囲んで親しくなり誤解も解けてめでたしめでたし・・・
木の伐採を試してみた直虎が竜雲丸に抱えられ手を添えられた事からときめいたり、飲み過ぎて彼を口説いたり?のおまけがつきました。
竜雲丸はこれで井伊にとどまって直虎の相手役として登場し続けるのでしょうか・・・

周囲の国の情勢には触れず井伊の内部の様子を経済面を中心に描く回が続いています。
まあこれはこれで悪くはありませんが、私には物足りないのも事実です。
只、24回から信長が登場するらしいのでやっと今が戦国である事を思い出させてくれる事になると期待しています。

« 原作と映像化 犯罪症候群 | トップページ | 犯罪症候群 season2 第1話 »

TVドラマ」カテゴリの記事

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 原作と映像化 犯罪症候群 | トップページ | 犯罪症候群 season2 第1話 »