« ブラックニッカ香るバー | トップページ | 犯罪症候群 season2 第3話 »

おんな城主 直虎 第24回 

第24回 さよならだけが人生か

新野の三女桜の縁談が駿府からありました。お相手は太原雪斎の一族庵原助左衛門。
今川家としては人質の意味もあるのでしょう。
そして今川では武田家への塩留めを行っています。海の無い武田家で塩を止められては死活問題、そこで儲け仕事と張り切る方久の様子が。

一方でいよいよ織田信長が登場。

岡崎城で徳川家康に縁談を持ち掛けていますが、この高圧的な対応はなんでしょうか。
家康と信長はもっと関係が良かったのでは・・
そして家康の反応がコントのようで折角の信長登場も一寸がっかりでした。
マントに長靴姿、海老蔵さん、恰好良かったですけれどね。

そのあと家康は瀬名に会いに来ます。
総持寺に置かれていた瀬名はこの縁談の為、やっと岡崎城に入る事が出来たのでした。

井伊では駿府からの縁談を心配した直虎が南渓に頼んで相手の庵原助左衛門に会う機会を作ります。
助左衛門は真っすぐな申し分の無い若者でした。
特に戦いで命が危なくなっても忠義が貫けるかとの問いに答える「最後まで忠義を尽くした者こそ敵にすら惜しいと思って貰えるのでは」の言葉は清々しいですね。
井伊では縁談を受ける事になります。
この助左衛門、演じている方も中々の好青年、と思ったら玉ちゃんの後輩(笑)「戦隊」出身でした。

直虎は今度は新野の次女桔梗の縁談を今川の同盟国である北条との間で進めるように政次に頼みます。
政次は北条家の家臣狩野飛騨守の息子との縁談をまとめて来ます。

ドラマとして丁度折り返し点。姫としての時代が終わる・・・直虎が領主として成長を見せた回だったでしょうか。
それを象徴するように老いたたけが身を引くepisodeが入ります。只、そっくりなうめの登場は必要だったかなと思うけれど。
そして信長登場でこのドラマが大河ドラマだった事がやっと実感出来ました。

* 狩野飛騨守について、知らなかったので調べて見ました。北条氏輝の家臣なんですね。
最後は八王子城を守って討ち死にするらしいです。桔梗の運命までは書かれないでしょうけれど。

氏輝さんとはお懐かしい・・・景虎さんのお兄さんです(^^♪
ここ数年小田原の北条五代祭に行っていないのでお墓詣りもしていません。年々盛んになって混雑もあって敬遠してますけれど、又行きたくなりました。

« ブラックニッカ香るバー | トップページ | 犯罪症候群 season2 第3話 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブラックニッカ香るバー | トップページ | 犯罪症候群 season2 第3話 »