« 犯罪症候群 season2 第3話 | トップページ | 犯罪症候群 season2 第4話 (終) »

おんな城主 直虎 第25回 

第25回 材木を抱いて飛べ

タイトルは高村薫作の黄金を抱いて飛べから・・・
今川の武田家に対する塩留め政策で駿府の商人たちは気賀に移って来ています。
井伊では政次が虎松の囲碁の相手をしています。政次は負けた虎松に何故負けたかと問い、虎松は敗因を考えています。虎松の成長振りを見せる場面でしょうか。

井伊の木材が売れることになり直虎は張り切って材木に井伊の焼き印を入れます。
材木は気賀の中村与大夫を通して成川屋と言う商人が買ったようです。
気賀にいる竜雲丸の動静も。彼らは便利屋のような商売をしているらしい・・・
そして政次は碁をしながら今川は気賀に城を作って商人の動きを統制しようとしている、と直虎に報告。

政次が駿府に呼び出され今川の家臣関口氏経を伴って帰ります。
井伊の売った材木が成川屋の手で三河へ運ばれる事になって井伊は徳川への内通を疑われたのでした。
直虎は、今川はもう政次に井伊を任せたくなって来たのだと気付き、弁明しても無駄と策を考えます。
それは成川屋から材木を買い戻す、駄目なら材木を買って井伊の焼き印を押す、最後の策は竜雲丸に材木を取り戻すように頼む、と言う事でした。

そして時間稼ぎの為毒を飲んで高熱を出し寝こみます。
様子を見に来た政次が直虎の頬に手を当て「俺の手は冷たかろう」と言い直虎が「昔から誰よりも冷たい」と返すシーンがあります。
密かに想う政次の心が切ないですね。

駿府で直虎は氏真に必死の弁明をします。その弁明に一寸心を動かされる氏真さん、甘いわね。
でも彼のその後の生き方を思うと上手な描き方かな、と思います。
そして竜雲丸の一党が首尾よく材木を取り戻し駿府に運び込み一件落着。

今回も井伊家の出来事に終始、余り大河ドラマと言う感じがしませんが、普通の時代劇と思えば面白く見られています。
長い間見て来た大河ドラマに対する思い込みが邪魔して不満が残るのかも知れません。
武田信玄が松平健さんと発表がありました。
信長も信玄もいわゆるイメージ通りと言ったcastingでそれもまあ楽しいかも。

今週も危うく周回遅れになる所でした。
何とか早く感想を上げたいと思いながら録画を見る暇が中々なくて・・・
同じ日に玉山さんのドラマがあるうちはどうしても後回しになってしまいます(-_-;)

« 犯罪症候群 season2 第3話 | トップページ | 犯罪症候群 season2 第4話 (終) »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主 直虎 第25回 :

« 犯罪症候群 season2 第3話 | トップページ | 犯罪症候群 season2 第4話 (終) »