« おんな城主 直虎 第26回  | トップページ | 新しい出演作? »

おんな城主 直虎 第27回

第27回 気賀をわが手に

前回は方久が直虎に気賀城主になるよう進言する所で終わっていました。
そんな事が出来るのか、と思いましたが気賀の中村与太夫等も井伊に気賀城主になって欲しいと頼みに来ます。
直虎は迷いますが政次は悪くない話だと賛成、交渉を任された方久は、気賀の商人達に大沢へ詫びを入れさせ、一方で駿府の関口氏への調略を考えます。
進物の香炉の薫りに恍惚となった関口氏経は気賀の莫大な利益を大沢に取られても良いのか、井伊の支配になれば恩返しが出来ると言われて話に乗って来ます。

そして方久と関口が氏真に願い出ようとした時、武田義信の自害を伝える使者が到着。
義信の妻は氏真の妹であり義信の自害は今川と武田の同盟解消を意味します。
戦に強い大沢を気賀から外す事は無くなったわけです。

与大夫は竜雲丸に井伊の気賀入りは難しいと告げますが、各地の城を見て来た彼はうちが引き受けるのが一番良いと言い出し大沢も了承します。
竜雲丸の構想は潮が満ちると海中になる中州に城を築く事でした。
満潮の時は船でないと攻められませんね。
浜名湖に築かれた堀川城の出来上がりです。

ここで竜雲丸の回想が入ります。城が落ち一人だけ助かった彼は盗賊の一味に拾われ、売り飛ばされるか、仲間になるかと言われ盗みをしているうちに世の中の貧富の差を思い知ります。更に盗賊たちが捕まって又一人になった彼は一日竜の形の雲を見ているうちに誰にも縛られず自由に生きようとしたが、又仲間や、町に縛られているとと語ります。
直虎は奪われたものを取り返したかったのでは、と言うのでした。
これで竜雲丸は井伊に留まる事になるのでしょう。

そして城を多く持って改修に追われている大沢に気賀から手を引くように仕向けて成功します。
駿府の氏真は自棄になっていてあっさり気賀の支配を井伊に任せる事を承知します。
井戸の前でおとわが気賀を取ったぞと手を合わせる政次の姿がありました。
おんな城主になった直虎でした。

何だかうまく行き過ぎのような気もしましたけれど。
義信の死から今川の凋落が始まり信玄も登場して大河ドラマらしく話が大きくなるのでしょうか。
次回松平健さんの登場もあり、期待したいです。

« おんな城主 直虎 第26回  | トップページ | 新しい出演作? »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おんな城主 直虎 第26回  | トップページ | 新しい出演作? »