« 新しい出演作? | トップページ | 雨が降ると君は優しい »

おんな城主 直虎 第28回

第28回 死の帳面

武田義信の自害で今川は義信の妻である氏真の妹鈴を駿府に呼び戻そうとしますが、武田はまだ人質として価値がある彼女を返そうとしません。
そこで寿桂尼は心臓の病を押して自ら武田に使者として行き信玄に会います。
寿桂尼は鈴を連れ戻す事を要求、しかも京にいる信玄が追放した父の消息をちらつかせるなどpressureをかけます。

武田から戻った寿桂尼は更に氏真の妻春に彼女の父北条氏康に文を書くように頼み、更に使者として北条にも行くとまで言います。
氏真が自分で行くと言いますが病気を押して老婆の自分が行くのが効果があると言い、彼女の働きで武田は鈴を今川に戻す事を承知しますが、今川からの誓詞を要求します。
北条から使者として今川に来た北条幻庵から誓詞を書くよう迫られて氏真は逆上、寿桂尼がとりなす始末です。

寿桂尼は話の途中で心臓発作で意識を失い、泣き言を言う氏真に妻の春は始めて激しい言葉をかけます。
そして嫁いで来た時の今川の優雅に栄えていた事を語り繋いで行くのは太守であるあなたです、と言うのでした。
氏真はそれを聞き、華やかな宴を催し寿桂尼を呼び戻そう、もし戻らなくても優雅な楽の中であの世へ送ろうとします。
その氏真も加わった歌舞の中寿桂尼は全盛の頃の今川家の夢を見て目覚めるのでした。

井伊では政次が直虎に寿桂尼亡きあとの情勢を語り寝返る事も考えるようです。
そして寿桂尼から直虎に呼び出しが来ます。
駿府で相対した二人、寿桂尼は直親の事を恨んでいるかと問い、直虎は家を守る為なら綺麗ごとでは済まされないと答えます。更に女である寿桂尼の書いた今川仮名目録に触れどれほど励まされたかと語り、寿桂尼から今川を見捨てないで欲しいと言われご安心下さいと答えます。
しかし寿桂尼は家臣達の動静から離反する可能姓のある者達を帳面に記し赤い印をつけ次々粛清していたのでした。
氏真が見ると直虎の名の上にも赤いバツ印が。何故と問われて「家を守る為には綺麗ごとでは済まされない、と答えた、きっと裏切るだろう」と答える寿桂尼でした。


そして最後は文を持って家康の所へ駆けつける瀬名の姿で終わっています。

今回の舞台は井伊でなく今川家、そして主役は寿桂尼の浅丘ルリ子さんでした。
おいくつになられるのか、長年映画で活躍されて来た存在感は凄いですね。
他の出演者が霞んでしまう程。
そして信玄には松平健さん。昔からの信玄のイメージそのままでこちらもimpact強くて、少しこのドラマが大河だった事を伺わせてくれた回でした。


そして北条幻庵。大河初登場だそうです。
北条初代早雲の末子でとても長生きされています。
私にとっては景虎さまの養父としてお馴染の方です。屋敷跡は久野にありますが、私には景虎さんゆかりの小机の方が親しみがあります。

« 新しい出演作? | トップページ | 雨が降ると君は優しい »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しい出演作? | トップページ | 雨が降ると君は優しい »