« 雨が降ると君は優しい | トップページ | おんな城主 直虎 第30回 »

おんな城主直虎 第29回 

第29回 女たちの挽歌

直虎は家康に徳川と上杉の同盟を勧める文を出しますが裏目に出てしまいます。
今川を支え続けた寿桂尼が亡くなります。
直虎にとっては敵でもあり、又目標にして来た存在でした。読経をしその死を悼むのでした。

井伊に徳川より松下常慶が使者として来ます。
武田から徳川に今川領の駿府は武田、遠江は徳川で分け合おうと言う申し出があり徳川が受けた事を伝え、井伊の去就を問います。
徳川につくと答える直虎に家康に送った文が今川方の立場から書かれている、と虎松の母しのを人質に要求されます。
常慶は自分の実家松下家に嫁がせるように提示。
直虎は自分の勧めた上杉との同盟が元になった事を悔み、直親は草葉の陰で怒っているだろうと呟きながらしのにこの事を伝えます。
しのは殿が大それた事をやるからこうなった、と文句を言いますが人質の件は了承します。
あのしのが見事な奥方になっている事に吃驚。いつの間に成長したのでしょうか・・・

母と別れたくない虎松はあれこれとあやめをしのの身代わりにする案など策を考えます。
がすべてうまく行きません。
しのは直虎に虎松の成長を願って考えさせるように仕向けた事だと言い、更に自分が嫁ぐことで井伊に有利な取引をして欲しい、そして将来この事を虎松に話して欲しいと言います。
そしてしのは優しく虎松にこの事の大切な事を話して聞かせます。
非の打ちどころがない立派な戦国の奥方でした。
途中何のepisodeも無くいきなり立派に成長した姿を見せられて戸惑いましたけれどね。

政次はあれほど良く出来た奥方を失うのだ言い、直虎はしのを人質に出すについて条件をつけます。徳川に城を明け渡しても兵は出さないと言うのでした。
いくら吹いても音の出なかった笛、それを懸命に吹く虎松。そのつたない音色に送られてしのは嫁いで行きます。

一方駿府では武田家の使者山縣昌景が上杉との同盟を理由に遠江の割譲を迫ります。
それに怒った家臣朝比奈泰朝が武田に内通した家臣を討ってその首を投げ込み交渉は決裂します。
しかしこれは信玄の策通りの展開だったのです。
氏真は上杉、北条と同盟して戦う事を決意。寿桂尼の残した指示に従って井伊に罠を仕掛ける事になりました。

今回は今川から離れて徳川につくと言う大きな転換の回でした。
が、子役の活躍?が大きくで少々げんなりしました。
主役」達の幼少時代と言う設定なら子役も良いかも知れませんが、この書き方は好きじゃありません。
最も直政の少年時代と言う事なら仕方がないのかも知れませんが。

« 雨が降ると君は優しい | トップページ | おんな城主 直虎 第30回 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨が降ると君は優しい | トップページ | おんな城主 直虎 第30回 »