« おんな城主 直虎 第30回 | トップページ | 犯罪症候群 series1一挙放送 »

おんな城主 直虎 第31回

第31回 虎松の首

徳政令施行の命令に反対する百姓たちの騒ぎに政次は直虎に徳政令を受け入れる事を要求。
政次を信じた直虎は徳政令を受けいれます。

今川方に立った政次は館から井伊家の立ち退きを要求、直虎らは隠し里に逃れるのです。
この時政次の甥亥之助は何故自分が留まれるのか伯父上は井伊を裏切ったのか、と抗議しますが政次は不満ならなつと共に出て行けと言い、なつもこんな時だから残らねばならないと言い聞かせます。

隠れ里で直虎は政次が実は井伊を守る為に今川方についていた事を明かします。
一度井伊家を潰し、関口の首を手土産に再興を図る、政次も承知の上と説明。
六左衛門達はそうではないかと思っていた、と言いますが直之一人は全部政次に騙されているのでは、と疑念を表明します。

関口は氏真に政次に井伊家を任せるように進言しますが、氏真は井伊家の断絶を命じます。この氏真の強硬な態度は今川が窮地に立っている事の説明なのでしょうか。

一方万一の事を考えた直虎は、虎松を隠し里からも避難させる事に。
一人だけ逃れる事に納得しない虎松に傑山が矢を射って戦いとはこういうものだ、と教える一幕があり、又直虎から虎松の存在自体が井伊の希望だと諭されて、傑山と六左衛門を供に虎松は三河の寺に出発します。

そして関口は政次に城代となる事の引き換えに虎松の首を要求します。
政次は驚きますが、事もなげに承知、と答えます。

直虎は尼姿に戻り龍胆寺に出向きますはそこへ
政次が来て虎松を出せ、と言い虎松がいないならと、代わりに直虎を捕らえ監禁するのでした。
そしてその夜、血刀持つ政次、足元には子供の死体が。家臣たちに「地獄へは俺が行く」と言う政次です。

虎松の代わりにどこかの子を殺し差し出すのでしょうね。身代わりの首は寺子屋など歌舞伎ではお馴染のようにこの時代、それほど珍しい出来事では無かったのでしょうがやはり一寸ショックですね。
それを和らげる為か竜雲丸に病気で助からない子を親から買ったと説明させる場面もあります。

虎松の首実検で余りの濃い死化粧を訝しむ今川方に、政次は虎松君は疱瘡を患っていて見苦しい為と説明します。
直虎たちにも身代わりを立てた事がわかる場面です。
直虎は首を抱いて読経するのでした。

亥之助は虎松を殺さなかった事を政次に礼を言います。
その夜一人で酒を飲む政次の姿が書かれますが、只ただ痛々しいです。

大きく話が動いて来ましたが、今川が何故こんなに強硬に井伊を潰しにかかったのか、北条・上杉との同盟がうまく行っていないのかなど説明が殆どないので、わかりにくいですね。
もう少し井伊を取り巻く世の動きを書いて欲しかったですね。

これから政次の反乱と言う事になるのでしょうが、直虎は政次が井伊を守る為に働いた事を知っているはずですが、井伊を守ると見せかけて実は小野が乗っ取ると言う直之の抱いた疑念に同調してしまうのでしょうか。

いずれにしても政次の事を考えるとやりきれない結末になりそうです。

« おんな城主 直虎 第30回 | トップページ | 犯罪症候群 series1一挙放送 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おんな城主 直虎 第30回 | トップページ | 犯罪症候群 series1一挙放送 »