« 犯罪症候群  ディスク発売 | トップページ | 雨が降ると君は優しい 配信日程他 »

おんな城主 直虎 第33回

第33回 嫌われ政次の一生

近藤に謀られた政次はなつと亥之助」を連れて隠れ里へ。
直虎は近藤に矢を射かけたのは政次では無いと、酒井忠次に井伊再興の為に家康への取次を必死に頼みます。
直之は矢を射かけた近藤の家臣を捕らえようとしますが自害されてしまう。

近藤は政次の首を取る事を主張、家康は三人衆が謀った事ではないかと疑いますが、そこへ武田家から、駿府を落としたので掛川へ出兵するようにとの書状が届きます。
捕らえられている直虎に会う家康は必死の直虎の言葉にも土下座したまま立ち去ります。
戦いが続くなら近藤達の力が必要、と言う事でしょうか。

隠し里では政次が皆に直虎は必ず何とか取り戻す、と言います。
そして政次はなつと和やかな時を持つのでした。
その時なつの持つ白い碁石に気づく政次。
兄上のお袖に入っていましたと言うなつは直虎の事を思う政次に今は無しです。と言うシーンが。

南渓は竜雲丸に直虎を牢から救い出す事を依頼。南渓は二人を比翼の鳥になぞらえて翼が1枚では飛べぬ、と言い二人を逃がそうとします。
しかし竜雲丸が助け出す前に政次が捕らわれて来ます。近藤を襲ったのでした。牢から出された直虎はいつまで偽るつもりだ、と叫びますが政次は信じておられたとはおめでたいと呟くのです。
直虎は竜雲丸に政次を救い出す事を依頼、しかし政次は断ります。
残された者に近藤らの恨みが及ぶ、自分の首一つで恨みが晴れるのなら最も血が流れないと。
それではお家を乗っ取った悪党になってしまうと言う竜雲丸に政次は、それが本懐だ。私はその為に産まれて来たのだ、と言います。

碁石だけを持って帰った竜雲丸からそれを聞き、幼い頃から家に振り回されて何が本懐だと怒ります。
しかし竜雲丸は、井伊はあんたの事だ、小野の家を放り出す事よりもあんたを守る事を選んだ、だから本懐だと言うんだ、言うのでした。
政次の残した碁石を見ながら、どういう事なのか次の手を考え続ける直虎。

そして政次が磔にされる日が来ます。
政次が逝くのなら私が送ってやらねば、と刑場に向かう直虎。
刑場で向き合う二人ですが、突然直虎は刑吏の持つ槍を取り政次の胸を刺します。
地獄へ落ちろ、小野但馬。良くも今迄欺いてくれたな・・・と叫びながら。
政次は、愚かな井伊が生き残れると思うか・・・地獄の底から見届けて・・・と言って息絶えます。その顔は微笑んでいました。

政次が地獄に落ちるのなら自分も・・・仏門に入った身なのに人を手にかけて・・・
地獄で待てと言う事なのか。
政次の意を受け止めた直虎の出した答えだったのでしょうか。
勿論ひと思いに刺して死を長引かせまいとの配慮もあったのでしょうけれど。

政次の辞世です。
白黒をつけむと君を一人待つ天伝う日ぞ楽しからずや
そして幼い日の笑いあう鶴とおとわ。寺の囲碁を打った部屋で待つ政次の幻。

この二人をオスカルとアンドレみたい、と言った友人がいますが、この場面を見てから目の前から離れない舞台があります。
何年前に見たのかも、誰が踊ったのかも覚えていない歌舞伎の舞踊劇「蝶の道行」が目の前から離れないのです。
お家の為に主家の姫と婚約者の身代わりとなって殺された二人の若者。
死んでからの道行です。一面の花の中で舞う二人。
後半蝶に変身した二人はやがて地獄の炎に焼かれて息絶える、と言うようなstoryだったと思います。
お芝居の中の舞踊劇だったのが元のお芝居はとっくに廃れてこの一幕だけ残ったもののようです。
華やかで、そして何とも言えず哀しい、でも夢のように美しい舞台でした。
このドラマ今回の最後の所もとても美しい場面でした。
良いものを見せて貰いました。

« 犯罪症候群  ディスク発売 | トップページ | 雨が降ると君は優しい 配信日程他 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 犯罪症候群  ディスク発売 | トップページ | 雨が降ると君は優しい 配信日程他 »