« 雨が降ると君は優しい 第4話 | トップページ | 雨が降ると君は優しい 第5話 »

おんな城主 直虎 第38回

第38回 井伊を共に去りぬ

武田は井伊を手に入れたものの、百姓は逃散し食料もありません。怒った信玄は村を焼き払ってしまいます。前回のタイトル「武田が来たりて火を放つ」ですね。
南渓は信玄の本陣を訪ねていました。武田方につくので本領安堵を、と頼みに来たのでした。
その答えは、近藤の首と引き換えに本領安堵すると言うものでした。
直虎は近藤に、井伊とは敵対している風を装い、武田が優勢なら井伊が、徳川が優勢なら近藤が上に立つと言う案を提示しますが、近藤は疑り深い性質なので、と承知しません。
でもこれって直虎と政次がずっとやって来て結局失敗した方法ですよね。

直虎は竜雲丸から高瀬の様子がおかしい事を聞き、政次が彼女を武田の間者では、と疑ってい事を思い出します。
高瀬を訪ねた直虎は彼女が近藤に用意した薬を疑ってその椀を叩き落します。
高瀬は母が死んだあと多額の借金のかたに武田の間者にさせられていたのでした。
近藤が死ねば母上が井伊の領主に戻れるではないか、と言う高瀨を直虎は抱きしめます。
もう井伊を再興しようとは思ってはいない、だからただの娘としてここにおれば良いと。

武田は井伊を焼き払ったあと西へ急いで井伊から立ち去り、百姓たちが戻って来ます。
井伊谷の復興が始まる中堺から中村屋が直虎と竜雲丸を迎えに来ます。
しかし竜雲丸は直虎に残った方が良いのでは、と言います。
ここは二人が理想とした平和な土地になりつつあるのではないか、その先を見たくないのか、と。

一方徳川は武田の猛攻に遠江を侵攻され危うい情勢になっています。
そんな徳川家の中でおばば様の命日だから、と笙を吹く氏真の姿が。
家を無くしてかつての家臣に世話になりながら80才近くまで生きた氏真さん。とても良く表現されていますね、松也さんも素晴らしい。
信玄は遠征の途中一夜の伽に呼んだ遊女が寿桂尼の姿に見えます。
冥府からお迎えに参りました、と言う声に悶絶。息を引き取るのでした。

信玄の死は3年伏せられるのですが、何故か傑山から南渓に知らされます。
堺へ立つ朝、南渓は信玄の死を伏せたまま直虎を送りだしますが、直虎はなぜか心残りがある様子でです。
それを見てとった竜雲丸はわざと愛想尽かしをします。
そして二人は別れる事を決心するのですが。今無理に来なくても良い、やる事をやってから来れば良いじゃないかと言う竜雲丸に、そんな日が来る訳はないここで行かねば頭と生きる日など来ない、と返す直虎に竜雲丸の言う言葉が良いですね。
「あんたみたいな人がいるか、普通の女なのに兵一人使わず町を手に入れ人一人殺さず戦い、したたかに世を変えて行く。そんな女がどこにいるんだ」
領地を失ってもまだ領主として生きる直虎、気ままな暮らしを生きる竜雲丸はこうして別れます。この言葉を告げて。「この約束だけは忘れるな、われより先に死なぬ、と。」

竜雲丸にはモデルがあるらしいですが、この人も非業の死を遂げているので直虎は愛する人と何度も別れなければいけない運命だったのでしょうか。
武田は信玄の死で侵攻の勢いが止まり家康は遠江を取り返し、井伊谷は又徳川領になりました。
そして直親の十三回忌の法要の日虎松が帰って来ました
しの、なつ、六左衛門、亥之助も一緒です。
直政役の菅田将暉君登場。これから新しい章が始まるのかな。
そう言えば南渓の猫も代替わりでした。
私としては、魅力的な柳楽君が退場したのはとても残念なんですが。

« 雨が降ると君は優しい 第4話 | トップページ | 雨が降ると君は優しい 第5話 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨が降ると君は優しい 第4話 | トップページ | 雨が降ると君は優しい 第5話 »