« 雨が降ると君は優しい 完成試写会 | トップページ | 雨が降ると君は優しい 第1話・第2話 »

おんな城主 直虎 第36回

第36回 井伊家最後の日

今川家が実質的に滅びた事によって井伊家は勿論、北条、徳川にも変化が生れています。
領地を失った井伊では、井戸の傍らに碁石を手に直親と政次の死を思っている直虎の姿がありました。

氏真は舅の氏康を頼って北条の許へ。氏康も暖かく迎えます。
その北条の動きが武田を抑えて家康は息をついています。
瀬名は井伊を見捨てた家康を責めるのですが、家康の母お大の方が瀬名に嫌味を言います。
姑には逆らえず立ち去る瀬名、このお大の方の登場で、家康夫婦の今後の不幸を暗示しているように思えます。

井伊では直虎らの看病で近藤の傷も回復、再び歩けるようになります。
そして近藤は直虎に井伊の家臣を召し抱えても良いと言います。
そして松下常慶が訪ねて来て今回の事は自分の責任fだったと詫びます。
常慶は跡継ぎのいない松下家に虎松を養子として迎えたいと言うしのからの手紙を持参していました。
井伊家が無くなる事を悩む直虎に竜雲丸はもう諦めちゃえば良いと言います。
幼い頃からずっと人の為に生きて来た直虎だと言う南渓に竜雲丸はずーっと人の為に生きて行かなければならないのか、と問うのでした。
自分がそう仕向けて来たのではと南渓も後悔を感じています。そして直虎にもう終わらせよう、と言います。

直虎は隠し里で井伊を再興しないと告げます。
納得できない中野直之は怒りをおさえられません。所詮おなごじゃ、そのおなごに自分は終生ついて行く積りだったと叫ぶ彼の姿は多くの家臣たちの本音だったかも。
そんな直之に高瀬は家名を失っても一人一人の中に井伊は残っている、大事な物は失っていないと言います。
結局、直之は小野、新野など井伊家の家臣を連れ近藤に仕える事で井伊谷に残る道を選びます。
高瀬もついて行く事に。
虎松は松下に、六左衛門は守役としてついて行く事になりました。

直虎が井伊家の当主でなくなった日、これからどうすると竜雲丸に聞きますが彼は一緒になりたい女がにいる、と切り出します。
彼の気持ちに気づかない直虎にあんたの傍に居たいんだ、と言う竜雲丸。
そして彼を受け入れた直虎は還俗し農婦となって生きて行く事になったのでした。

北条家では氏康が死にます。
その知らせを聞いて踊りだす信玄。
マツケンサンバならぬ信玄サンバ・・・ユーモラスどころか凄く怖い信玄でした。
氏康の死で北条にいられなくなった氏真夫婦は家康を頼ります。
困った家康はとりあえず信長の意向を聞く事にするのでした。
そして信玄の進撃が始まります。
最後に高瀬の姿を見せたのは何の為でしょうか、一寸気になりました。

今回は井伊家を再興しない事を決心した当主直虎と彼女を当主にした南渓の苦悩の回でした。
武家にとって家名は何より大事、大きな犠牲を払っても家を守る時代にどれだけの葛藤があったのでしょうか。
政次と二人必死に井伊を支えて来た直虎でしたが、彼の死で南渓が言ったように片翼を失った鳥はもう飛べないと言う事なのでしょうか。
井伊家を守る為犠牲となった政次を思うと一寸やりきれない気がします。

« 雨が降ると君は優しい 完成試写会 | トップページ | 雨が降ると君は優しい 第1話・第2話 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主 直虎 第36回:

« 雨が降ると君は優しい 完成試写会 | トップページ | 雨が降ると君は優しい 第1話・第2話 »