« おんな城主 直虎 第37回 | トップページ | 雨が降ると君は優しい 第4話 »

雨が降ると君は優しい 第3話

土曜深夜・・・と言うか早朝・・・に配信された3話と4話。

休日に配信されるのは、内容が内容だけに見る機会が中々とれなくて一寸辛い。
とりあえず3話だけ見ました。
一度だけ関係した男に家で襲われえた彩を、傘を取りに戻った信夫は救い出します。
何事も無かったように優しく彩に対応して家を出た信夫ですが、駅に着くとトイレに駆け込み嘔吐します。信じていた妻の浮気・・・としか解釈できないでしょうから・・感情を必死に抑え込もうとして限界に来たのか、ドラマなのに見ていて辛い場面でした。
そして出社しても同僚達に常と変わらない態度で接するのですが、周りの方が気を使ってしまう。
玲子は彩が結婚して家庭に閉じこもっているストレスだと判断、彩にモデル復帰を勧めます。
カウンセラーの志保は彩の話す信夫の態度に戸惑います。

編集長の倉田と暮らしている志保が本を出版したいと言うので倉田は信夫を紹介します。
志保はアル中の治療で倉田と知り合った事がわかります。
信夫はその晩早めに帰宅します。
彩は何とか信夫にわかって貰おとう話し出すのですが信夫は遮って、もう2度としないと言ってくれれば良いと言うだけ。彼も彩が病気だとは思っていないからはっきり約束で出来ない彩の態度になお傷つくのでしょう。

そして彼の少年時代の1sceneが挿入されます。
それは何処かの島で育った彼と病気で潜れなくなり娼婦のような事で生活している海女とのかかわりのようですが、まだよくわかりません。
この時何かあった事から信夫の異常とも言える自己抑制が生れたのでしょうか。
信夫と一に緒バーで作家との打ち合わせをしていた倉田は、作家と口論になり半年絶っていた酒を飲んでしまいます。
意識のないくらい酔った倉田を志保の所まで送って行く信夫。
帰宅した信夫は降りだした雨に傘を持って駅まで迎えに来ていた彩に会い、思わず何故なんだと叫び抱きしめます。
信夫には彩の態度が理解出来ないのでしょうね。
そして信夫も彩と一緒にカウンセリング受ける事になり志保の所へ。
ここで次回へ。

信夫と彩のstoryに倉田と志保、そして倉田の娘百合と老作家小野田との関わりが絡んで来てとても複雑な進行です。
密度の濃い内容で疲れますね。
そしてドラマを追って感想をあげるのも難しいです。
只脚本の野島さんがinterviewでcastingに関して演技力の他に「本人そのものにキャラクターとrinkする精神性を求めた」と仰っていたのが実に良くわかります。
玉山さんと佐々木さんだから共感できる物語になっていると本当に思います。
storyがどうなって行くのか疲れるけれど期待して見て行きたいと思っています。

3w

3w1a  3w2a

« おんな城主 直虎 第37回 | トップページ | 雨が降ると君は優しい 第4話 »

テレビドラマ・net配信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おんな城主 直虎 第37回 | トップページ | 雨が降ると君は優しい 第4話 »