« 亜人 完成披露試写会 -AJIN∞FES | トップページ | 雨が降ると君は優しい 完成試写会 »

おんな城主 直虎 第35回

第35回 蘇えりし者たち

直虎たちは気賀に駆け付けましたが生きている者の姿は見当たらない惨状でした。
必死に呼びかけ探すうちに直虎は瀕死の竜雲丸を発見します。
龍胆寺で直虎は、薬も飲み込めない竜雲丸に口移しで薬を飲ませるなど必死の看病を続けます。
その甲斐あってか竜雲丸は意識を取り戻します。口移しに薬を飲ませたのは南渓だと言う直虎、この二人の間の感情はずっと思わせぶりな描写が続いていますね。

寺へ鈴木重時の子の重好が訪ねて来ます。重時が堀江城で討ち死にし跡を継いだと挨拶、生前直虎の歌うような読経が好きだった父の為にお経を上げて欲しいと頼みます。
意趣はあっても、少年の熱意にほだされた直虎は重時の菩提を弔うお経を上げるのでした。
まだ、あどけなさの残る少年が跡を継ぎ合戦に向かう様子を入れたのは、戦国の合戦の無惨さを強調する為なんでしょうか。

そのあと近藤から重病人が出たので診て欲しいと言って来ます。
直虎は、ここでも怒りを抑えて近藤の屋敷へ向かいますが、病人とは近藤その人でした。
堀江城の合戦で足に重傷を負っていたのです。
殺しに来たのか、と怯える近藤に殺すつもりならこのまま捨て置きます、と答えて治療する直虎でした。

一方堀江城の皆殺しの作戦が功を奏し勝利したにもかかわらず納得出来ない家康は
松下常慶を使って氏真に会い、和睦を申し入れます。お互い無駄に疲弊するだけの戦いはやめようとの家康の提案に氏真は蹴鞠で決着をつければ良い、人も馬も死なず兵糧も言いますが、しかしそれでも蹴鞠の上手な者を取り合って結局合戦になる、と言います。
有難いぞ、三河守殿と言う氏真に家康ははい、太守様と返します。

井伊では亥之助と直之の弟直久が小石を使って碁を打っていますが、どちらも政次に碁を習った者同士手筋が同じで決着がつかない。
そして皆政次の思い出にひたるのでした。
方久は感ずるところがあったのか、戦争の道具を売るより薬を売って財を成したい僧になります。
竜雲丸直虎が自分一人生き残る、と語り合うシーンが切なかったです。
和睦なって氏真の出た掛川城に家康が入り遠江を手に入れたと聞いて激怒する信玄。
そして井伊で待つとの幟の立った竜雲丸たちの住居跡のシーンで今回は終わりでした。
 
今回のタイトル蘇えりし者たちとは・・・直虎、竜雲丸、方久、氏真、そして政次もなんでしょうか・・・・。

« 亜人 完成披露試写会 -AJIN∞FES | トップページ | 雨が降ると君は優しい 完成試写会 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 亜人 完成披露試写会 -AJIN∞FES | トップページ | 雨が降ると君は優しい 完成試写会 »