« 雨が降ると君は優しい 第6話 | トップページ | 映画 亜人 »

おんな城主 直虎 第39回 

第39回 虎松の野望

直親の十三回忌法要に合わせて井伊谷に帰って来た虎松。
成長した姿に直親の姿を重ねて皆感無量です。
なつは供をして来た亥之助が仕官出来たら小野の菩提を弔う為仏門に入りたい、と言います。

井伊谷が豊かで平和なのを見て感心する虎松ですが、折角うまく統治出来ているのに井伊の再興を考えない直虎に憤慨します。
そして井伊再興を決心した虎松は南渓に徳川家康への書状を託します。
南渓は岡崎で瀬名と家康の嫡男信康に会います。
成長した信康を見るともうそこに迫った悲劇を思うと今から胸が痛いですけれど。
それは松下としてではなく井伊虎松として仕官したいと言うものでした。

出仕の為に二人の衣裳を縫う直虎たち。
出来上がった衣装には鶴と亀の縫い取りが。
家康は松下の家への配慮もあり、虎松の処遇に悩みます。
鷹狩の日に鷹匠ノブに相談する家康。何故鷹匠などに、と思いますがこれは出奔していた本多正信の帰参前の姿ではないかと。
家康はノブに言われた通り、虎松に井伊を名乗りたいのか、と尋ねます。
松下常慶は慌てますが、結局家康は虎松に万千代、亥之助に万福と言う名を与え虎松が井伊万千代と名乗り、井伊として仕える事になります。
跡取りとして可愛がって育てた松下源太郎が卒倒するシーンもあり。

二人は出仕しますが役目は小姓ではなく草履番でした。
驚く二人ですが松下家の者なら小姓だが、今川のものだった井伊としてなら草履番と言われます。
話しが違うと荒れ狂う虎松ですが、日本一の草履番を目指す、と心を決めるのでした。
冷静な亥之助とのコンビは往年の直親と政次の関係を思い出させます。

直親、政次、竜雲丸と魅力的な大人たちが退場、直虎は脇に回って暫くは万千代の活躍が主になるのでしょう。
菅田将暉君、達者、美形と絶賛されている売り出し中の若手ですが、ファンの方には申し訳ありませんが、私にはいまいち。
最後のご贔屓柳楽さんの退場と共に今迄回ごとに書いて来たreviewを不定期に致します。
ドラマは家族も見ているので見続けますし、成田屋の信長や、噂が本当ならミッチーも登場するらしいしし、気になった回ごとに感想を上げて行きたいと思っています。

« 雨が降ると君は優しい 第6話 | トップページ | 映画 亜人 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨が降ると君は優しい 第6話 | トップページ | 映画 亜人 »