« おんな城主 直虎 第38回 | トップページ | 雨が降ると君は優しい 第6話 »

雨が降ると君は優しい 第5話

ストーリーは益々闇が深くなって来て、家族が誰かいる休日には一寸見るのを遠慮してしまい結局夜中に見るしか無い・・・と言う事になってしまってます。
その第5話
信夫が帰宅すると彩は真っ赤なドレスで部屋の隅に蹲り、ごめんなさい、ごめんなさいと呟いていたのです。
まさか嘘だろう・・・と信夫は自制心を失ってしまい、彩をバスルームに引きずって行きネクタイで縛り付け一歩も外へ出るな、と怒鳴ってしまいます。
朝方彩が気が付くと自由になっていて信夫はもう出勤していました。
信夫は志保と打ち合わせ中上の空で、それを志保に問い詰められ暴力をふるってっしまった事を打ち明け陳腐な男です、と自嘲するのでした。
志保は自身とアルコール依存の倉田の関係を話して信夫を慰め、少し彩と離れていた方が良いと助言します。
信夫はその日、サウナに泊まり彩の電話にも出ませんでした。

一方平川百合は小野田の家で見つけた母の手紙を読み小野田と自殺した母康子との関係を詳しく知ってしまいます。
父の倉田は康子の自殺は小野田に騙されていたせいと思っているが違うのかも知れない、と言います。
倉田は思わず百合に手を上げてしまい自己嫌悪から又アルコールに手を出してしまい絶望した志保は倉田を家から追い出してしまいます
百合は小野田に康子との関係を教えて欲しいと頼みます。小野田は一緒に死のうと言う康子の愛が怖くなり彼女を突き放してしま、彼女は絶望して自殺してしまったのでした。
取り残され絶望した小野田はそれ以来作品は書かないと決心していたが、百合が康子の娘と気付きストーリーファイルに原稿を書いたのでした。

彩は志保のカウンセリングを受けている時、志保が信夫に少し離れていた方が良いと助言した事を知らされ、どうして信ちゃんにそんな事を!と激高して飛び出し街をさまよっているうち発作に襲われホテルに行ったところ不意に我にかえり相手を拒絶、怒った男に暴力を振るわれてしまいます。
顔などに大怪我を負わされた彩は玲子に助けを求め病院に入院します。
病院で彩は玲子に病気の事を打ち明けますが、傷だらけのひどい顔を見せたくないからと信夫には連絡しません。
診察した医師から検査の結果異常はない事を知らされ、更にお腹の赤ちゃんも無事です、と言われます。
彩は妊娠していたのでした。

帰宅しても彩は留守、電話でも連絡が取れず心配した信夫は翌日出社して同僚から彩が入院している事を知らされ病院へ駆けつけますが、彩の両親から暴力を振るったと誤解され彩を連れ去られてしまいます。
雨の中放心したように歩く信夫は志保から打ち合わせをしたいと呼びだされます。
志保の家で信夫から事情を聞いた志保は又酒に手を出した倉田を追い出した事を話し、信夫は彩に、自分は倉田に、対してのパートナーとの共依存だと言います。
愛して苦しんでそれでも相手と離れられない共依存。
志保はこれを断ち切る方法がある、と言います。
それは二人が関係する事でした。
お互いにあなたさえ良ければ、と抱き合う二人。

今回信夫のおかれた立場が余りにも可哀想すぎますね。
強い自制心で耐えて来た信夫が壊れて行くのを見るのは辛い。
そしてこの回もラストに驚きの展開が。
まさか志保と信夫のベッドシーンがあろうとは・・・・
深夜になってしまったので6話の感想は改めて・・・

W51a

« おんな城主 直虎 第38回 | トップページ | 雨が降ると君は優しい 第6話 »

テレビドラマ・net配信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おんな城主 直虎 第38回 | トップページ | 雨が降ると君は優しい 第6話 »