« 大河ドラマなど | トップページ | 二つのノンフィクション »

2010年12月の「笑っていいとも」

私事ですが我が家のテレビを年末に買い替えました。

数か月前から調子が悪く、画面が暗く画像がよく乱れるなどなど。
10年経っていないので勿体ないと最後まで反対していた私ですが、修理するより買った方が結局安くつくなど周りの声に押されてとうとう。
何故反対したかって・・・実は勿体ないよりなにより録画した画像が問題で。
外付けのHDに玉山さん関係の番組がいくつか録画してあって、ダビング出来ないのでもう見られないと思うと替える気になれなくて・・・まあ結局押し切られてしまいましたが。
一晩お別れを惜しみましたよ(笑)

一番残念だったのが、表題の「笑っていいとも」
ノルウェーの森の公開に合わせたのでしょう、トラン監督と一緒の登場でした。
このblogでも当然取り上げていますが、玉山さんの素敵だった事。
大好きなvisualだったので本当に残念。
そして彼が登場した時観客がどっと沸きましたが、多分この頃まではまだ「アイドル」としての人気が大きかったのかも、と思いました。
私はデビュー当時の彼を知らないので「俳優」としての認識しかなかったので今見返して見て一寸新鮮でした。

今改めて見てみるとこの頃は20代最後の頃かな、今30半ばになった彼の方が私には素敵に思えるようになっていて我ながら一寸驚きました。
かなり丸くなってるし、やはり相応にトシとってるし。
でもとっても素敵。
演技力が格段に上がっているせいでしょうか、彼の創りだす世界がとても魅力を増しているからなんでしょうか。
良い年の取り方をしているのだとかなり嬉しく思いました。

今頃はまだ「さんまさん」でいるのかしら。
次のお仕事はなんでしょうか、Jimmyがまだ配信されないのにもう次が気になります。

「いいとも」の画像です。動いている方が何倍も素敵だったので本当に残念。
Wias  Wi2a

 
そして今の玉山さん 雨が降ると君は優しいから
今の方が良いと思うのは私だけでしょうか
W23a  W212a

« 大河ドラマなど | トップページ | 二つのノンフィクション »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大河ドラマなど | トップページ | 二つのノンフィクション »