« 「バカボンのパパ~」番宣 | トップページ | ステラ&宇野昌磨君の事など »

Jimmy予告&マッサンなどを

NHKの「バカボンのパパより~」の番宣を追っているうちにnet flixの「Jimmy~アホみたいなホンマの話」の予告が解禁になったと言う話が。
詳しい事はリンクのコピーを貼っておきますのでご覧くださいませ。
動画も載っています。

https://t.co/zneSAKZHNX

解禁になったと言う事は公開が近くなったと言う事ですね。
これから番宣も増える事と思います。
6月、7月と玉山さんにあえるのですが、どちらもお笑い系・・・
真面目な桂小五郎さんはどのあたりでお出ましになるのでしょうか。
その「西郷どん」ですが、桂さん見たさにドラマの流れもしっておかねば、と毎週見ていますが、もう脱落寸前です。
元々一度脱落したのに玉山さんが登場するとあって又見始めたのですから当然かも知れませんが。
もう6月、半分も過ぎかかっているのに、西郷と言う人の「偉大さ」「優秀さ」がさっぱりわかりません。
ドラマですから何から何まで史実どおりに、とは申しませんが、主人公の良さ、素晴らしさが全然伝わらない。
それと「郷中」の仲間たちの人間が描き分けられていないので誰が誰だかいまだにわかりません。真剣に見ていないのがわるいのでしょうけれど。

最新のの23回、寺田屋騒動。
精一杯凄惨に描いていますが、薩摩の示現流(?)はドラマに何度も稽古の場面が登場していながら余り活かされていませんでしたね。
初太刀で仕留めるのが特徴で新選組も恐れたと言うのに。
(幕末の小説の読みすぎかもです)
ドラマとして背景がきちんと書かれていないので同士討ちと言う悲劇が余り伝わって来ないのです。


マッサンの再放送が今は素晴らしい出来だった11週~12週なので余計色々比べてしまうのかもしれませんが。
そのマッサン・・・ウイスキーづくりの順調で、子供を授かり幸せの絶頂だった二人にエリーの流産、そしてもう子供は望めないと言う宣告。
二人の深い哀しみとそしてもっと深い愛情を描いた週でした。
特に69回
エリーに言えず苦悩するマッサンが隠し通すわけには行かずエリーに打ちあける回です。
取り乱すエリーと襖越しに見守るマッサン。
縁側と庭でそれぞれ無言で哀しみに耐える二人の姿が、台所で英一郎の刻む人参の音だけを背景に描かれています。

優れた俳優、演出、脚本の描き出す世界は素晴らしかったです。
「西郷どん」の制作演出はマッサンteamだったと思いますが、どうしてこうも違うのか。
この年に再放送をしているのは皮肉かと思ってしまいます。

jimmyのさんまさん        マッサン
                           
Ji5a  So3a

やはり玉山さんは男前ですね。マッサンで再確認(笑)

« 「バカボンのパパ~」番宣 | トップページ | ステラ&宇野昌磨君の事など »

マッサン」カテゴリの記事

テレビドラマ・net配信」カテゴリの記事

西郷どん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「バカボンのパパ~」番宣 | トップページ | ステラ&宇野昌磨君の事など »