« ステラ&宇野昌磨君の事など | トップページ | 集中豪雨 »

バカボンのパパよりバカなパパ第1回

待っていた第1話が6月30日に放映されました。

バカボンのパパ、おそ松君、秘密のアッコちゃんなどで知られる漫画家赤塚不二夫さんの没後10年に企画制作されたドラマです。
赤塚さんのお嬢さんえり子さんの原作、ギャグ漫画で知られた赤塚さんの漫画を地で行く破天荒な生活、優しく不器用な不二夫さんをえり子さんの目線で生き生きと描いています。

第1回「わしは天才なのだ」
ドラマは1973年から始まります。
「おそまつ君」「秘密のアッコちゃん」などのヒット作を産み出し、「バカボンのパパ」を連載中の人気作家になっています。
アシスタントとして売れない時から不二夫さんを支えて来た妻の登茂子さんと小学生のえり子さんの3人暮らし。
とことん「笑い」を追及する不二夫さんが原稿を紛失した編集者を責める事無く徹夜で書き直したり、原稿が上がったあとクラブでバカ遊びで豪遊したりなどいくつかのepisodeをとおして生き生きと描かれています。
普通と違う父親、好きだけど余りに普通と違う父に、その父の作り出した「秘密のアッコちゃんの鏡」にテクマヤマヤコン普通のお家の子になあれ、と願うりえ子の姿は一寸胸に響いたかも。


優しくて家族を愛しながら不器用できちんと愛情を届けられない不二夫。
浮気が発覚、感情のすれ違いから登茂子さんと離婚にまで至ってしまいます。
えり子さんはそんなパパを愛しながら理解出来ず誤解したまま。
そして10年。
登茂子さんは8才年下の「きーたん」とえり子さんと暮らし、不二夫さんは優しい母親のような愛情で彼を見守る真知子さんと一緒に暮らしています。
高校卒業を控えてりえ子は登茂子ときーたんと一緒に進路の相談に来ますが不器用な不二夫とは感情がすれ違ったままです。
不二夫の家には登茂子の一家も度々訪れ、別れた妻とその相手と親しく交際する不思議な生活を送っています。

登茂子は中々真知子にプロポーズ出来ない不二夫に代わって結婚するように奔走。
父を理解したえり子さんの後押しで不二夫が真知子にプロポーズして結婚する所までで第1話は終っています。
この不思議な常識にかからない生活、でもでもやさしく不器用で、笑いが人を幸せにすると信じて生きた赤塚さんが良く描けていたかと。
でも盛沢山すぎて私の手に負えないと言うか、とっても感想の書きにくい内容でした。

玉山さんは思い切った演技で不二夫さんになりきっていたと思います。
この玉山さんに驚いた人は多いようですが「逆境ナイン」の弾けた彼を知っている人は吃驚しないかも(多分)
ハンサムでクール、と言った一面でしか玉山さんをとらえていない人たちに是非見て頂いてこんな演技も出来る、と知って頂きたいドラマです。
りえ子さんの小学生時代を演じた住田萌乃ちゃん、マッサンのエマの時に比べると随分大きくなりましたが、相変わらずとても可愛いです。
英一郎役の浅香航大君が編集者役で出ているのも嬉しい。
玉山さんがハンサムすぎるとか二人の奥さんが美人過ぎるとかの批判もあるようですが、美男美女大好きの私には嬉しいドラマでした(^^♪

制作は内藤P他。内藤Pは良く玉山さんを起用して下さいますが、もうお一人中村髙志Pは玉山さんの出演ドラマで是非見たいとずっと思っている「真夜中は別の顔」のproducerの方でした。デビューしてすぐの作品、見ていたはずなのに記憶にない作品です。
16年前の作品でNHKオンデマンドにも無いので保存されていないのかも知れませんね。
スタジオパークの感想はあらためて上げるつもりでいます。

クラブでセーラー服姿で騒いでいる玉山さん(笑)

Ba7b  Ba8a

« ステラ&宇野昌磨君の事など | トップページ | 集中豪雨 »

TVドラマ」カテゴリの記事

コメント

菜の花さん、こんにちは。
いつも楽しく拝見させていただいています。

いよいよバガボンのパパより~始まりましたね。
感想など見ても、なかなか好評だったのではないでしょうか。
赤塚不二夫に見えた!って感想も多くて、とても嬉しいです。
最初はちょっと心配しながら観てましたが、すっかりドラマに惹き込まれ、笑ったり泣いたりでした。面白いドラマだったと思います。
本当にダメ男なのに憎めなくて可愛い…上手いですよね~
過去作品でももちろんクールな役もありますが、どこか人間らしい可愛い気のあるキャラクターがわりと多いように思います。玉山さん本人の持っているものが滲み出るのでしょうね。
この魅力をうまく引き出してくれる作品に出会えてよかったです。プロデューサーの方に感謝です。

ゆきさん こんばんは
コメントありがとうございます!

やっと始まりましたねー
良い男すぎてダメ、と言う向きもあるようですが(良い男は事実ですけれどね(笑)
中年になりかかっている男性に失礼ですが、玉山さんの魅力の一つである
「可愛らしさ」がとても良く出ていてドラマの成功につながっているように思います。

制作の内藤Pは「農家のヨメになりたい」「天地人」などで玉山さんを起用して下さって流石に彼の良さをご存じで今回のcastingになったのかな、などと思っています。

小学生の頃買って貰えなかった「おそ松君」、同級生の男子に借りて読んだ事を思い出しながら楽しく見ています。

初回は面白かったですが、最後までこの調子で見せて下さるように願っています。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ステラ&宇野昌磨君の事など | トップページ | 集中豪雨 »