« 追悼 | トップページ | バカボンのパパ~第3回 »

西郷どん 27回

待っていた桂小五郎登場です!

この大河ドラマ、かなり早い段階で挫折、ずっと見ていなくて、玉山さん出演と聞いて又ここ数回見始めました。
とは言ってもどうしてもこのドラマの方向性に馴染めなくて、その数回も余り良い視聴者ではありませんでしたけれど。

今回は真面目にかなりきちんと見た積りですが・・・
前回を受けて、西郷が薩摩藩の「軍賦役諸藩応接係」に任じられた所から。
薩摩軍の総司令官と説明がありました。
慶喜を訪ねた西郷に慶喜はお前の熱い心をくれと言います。
余り良い視聴者でなかった報いで良くわからない(-_-;)
西郷は帰りに邸前で物乞いから読売りを渡され、戦が起こり民が苦しむと言われ、侍の本懐は戦をする事ではない、民を守る事と答えます。
更に帰った彼は自分は戦に向いていないと言うのです。
こればっかりですね・・・
戦争の嫌いな西郷どん

その西郷の所へ先日の物乞いが訪ねてきます。
彼は長州の桂小五郎と名乗ります。それだけでわかるとは彼は有名だったわけと思いますが前に何か話に出た事ありましたっけ。
とにかく桂の頼みは長州を助けて欲しい、「八月十八日の政変」で薩摩と会津に京を追われた長州の過激派が兵を挙げ京に向かっている。大きな軍になる。それを避ける為「薩摩ではなく西郷」に慶喜に側室となったふきを通して取り次いでくれと言う事でした。
「八月十八日の政変」についてここでサラっとナレーションで説明が入ります。
えっこれだけ!もしかして見たいなかっただけで何処かでやったのかしら。

そして慶喜はヒー様になって料亭で幇間に化けた桂と会います。
しかし桂と西郷が慶喜に軍をしないように話す、とは一体なにを考えてこのような話にするのでしょうかねえ。
ドラマは桂の奔走も効なく長州の過激派は暴発。池田屋事件、そして禁門の変へと雪崩れ込んで行きます。
桂と慶喜の間で西郷は悩みますが「このままでは薩摩が朝敵になってしまう」と出陣を決心します。しかし「長州を討つ事でなく天子様をお守りする為退去させる為」だそうです。
蛤御門を守っていた会津・桑名が苦戦、西郷は救援に向かいます。
戦いはあっけなく長州の敗戦で終。
来島又兵衛に扮した長州力さんの「ラリアット」など話題を呼んだようですがまあ何もかも説明不足。

何もかも会津と幕府が悪い、みたいな方向でいらいらしました。
見ていらした方はちゃんとおわかりになったのかしら。
容保さんも一寸登場しましたがこのような扱いなら出なくても・・・
折角柏原収史さんだったのに。
久坂玄瑞も確認できなかったです。
綾野剛さんと須賀貴匡を思い出してしまった・・・

西郷と桂が親しくなっちゃって竜馬の出番は要らないんじゃない?とか大体桂小五郎がどういう人かの説明もなく西郷が信用しちゃうのも変じゃない?とかそんな事ばかり気になってしまいました。
「逃げの小五郎」ばかり強調した書き方も不満だし。
それでも玉山さんが出ている間は見ますけれどね。
しかしこのドラマに挫折した時、玉山さんの出演がありませんように!と真剣に思いましたね。
制作統括がマッサンの桜井Pだけに心配していましたが・・・仕方無いですねえ。
でも玉山さんの桂小五郎は素敵だったです。身贔屓ではないと思う!
まあ挫折したドラマをご贔屓が出ると言う理由だけで又見始めた私が悪いのですが。
変な感想で読んで下さった方、このドラマがお好きな方には申し訳ありませんでした。

桂さんと玉山さん、似てるかしら。八重の桜の山川浩さんとは良く似てましたけれど

Ki2b  Ka2b

« 追悼 | トップページ | バカボンのパパ~第3回 »

西郷どん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西郷どん 27回:

» 『西郷どん』、岩倉具視が残念(第26~30回) [Coffee, Cigarettes & Music]
皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第26~30回の感想です。まずはあらすじ。島から薩摩に戻った西郷吉之助(鈴木亮平)は、大久保一蔵(瑛太)の要請により、すぐに京都に上る。京都では一橋慶喜(松田翔太)や島津久光(青木崇高)らが参加する「参与会... [続きを読む]

« 追悼 | トップページ | バカボンのパパ~第3回 »