« 土曜スタジオパーク出演 | トップページ | 昌磨君の新フリーの曲~おまけ有川大尉 »

バカボンのパパよりバカなパパ第2回

暑中お見舞い申し上げます。

それにしても暑いですねえ。
脳みそが溶けだしそう、と誰方かが仰いましたが本当に溶けそうです。

夜になっても何もしたくなくて昌磨君のアイスショーの録画など見て少しでも涼んでいますが、頑張って「本命」のお仕事(笑)を!

バカボンのパパよりバカなパパ
第2回 モテテモテテ困るのだ

今回は赤塚さんがまだ売れていない新人のタモリさんの才能を見抜いて援助していたお話からスタート。
自分の住まいの高級マンションに住まわせ高級車で送り迎えし、自身は仕事場のロッカーの上で寝ていたとか。
本編は「雪の降る街を」を愛して編集者の横井に夜通し歌わせて仕事をした不二夫のエピソードから。

不二夫は売れっ子になってからTVなどで活躍するようになり漫画から離れていて、横井は何とか又漫画を描いて貰いたい、バカボンのパパを再開して貰いたいと思っています。
不二夫は居酒屋で居合わせた客全部に大盤振る舞いをした挙句大勢を家に引き連れて来手大騒ぎしたりしますが嫌な顔一つ見せず世話をする真知子。
そんな良く出来た真知子が突然家出をします。
登茂子やえり子に問い詰められても心当たりがありすぎてわからない不二夫の姿が可笑しい。
真知子に迷惑をかけている事を自覚している不二夫は真知子に高価な指輪をプレゼントしますが、その時真知子大切にしていたガラス細工の指輪を宝石屋にやってしまいます。

真知子が大切にしていた事を知って不二夫は捨てられた川をドジョウ掬いを真似て浚います。
アシスタント達、登茂子やえり子まで総動員で川浚いです。真知子が駆けつけた時、中々見つからず一人で浚っていた不二夫はやっと指輪を見つけます。
所が真知子はその指輪を又投げ捨ててしまう。
茫然とする不二夫に真知子は以前神社にお参りした時に不二夫が話した事を思い出させます。
人に笑って貰い幸せになって貰う為に世界一のバカになると言った不二夫。そして帰りに指輪を買い大切にしていた、と。
その世界一のバカの天才を目指すと言った先生を愛していたのに、と言う真知子に不二夫
は反省します。

又以前のように漫画を描き始めた不二夫。
バカボンのパパの新刊が発行され子供達で賑わう本屋の前を通り家に向かうえり子が見たのは一人で川を浚ってとうとう又指輪を見つけた不二夫の姿でした。
赤塚不二夫さんの姿を書いて、お嬢さんのえり子さんの本が原作だけにほぼ実話なのかと思われますが、ドラマにするのはかなり難しかったのではないでしょうか。
実話に沿って作ればドキュメンタリーみたいになってしまうのは仕方が無いかも知れませんし、あまり逸脱しても差しさわりがあるでしょうし。
でももう少し弾けた仕上がりでも良かったかなとは思いますが、キャストの皆さんは皆良かったし、まあ面白く見られたと思います。

まだ記憶に新しい方のドラマ化は難しいですね。
でもそんな事を言ったら「Jimmy~」はもっと大変(笑)

21a  23a


余計なお話。この川、うちの近くです。
電車だと一寸大変ですが車ならすぐ(^^♪

« 土曜スタジオパーク出演 | トップページ | 昌磨君の新フリーの曲~おまけ有川大尉 »

TVドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 土曜スタジオパーク出演 | トップページ | 昌磨君の新フリーの曲~おまけ有川大尉 »