« 「Jimmy~アホみたいなホンマの話」1-1 | トップページ | Jimmy~アホみたいなホンマの話 1-2 »

西郷どん 第30回

第30回 怪人岩倉具視

一応全部見るようにしてはいますが玉山さん出演の回だけ感想を上げると言う変則categorです。
おまけに良い加減かつ超辛口ですのでこのドラマがお好きな方はthroughをお願い致します。
前回は桂さんは登場しませんでしたが一寸気になる事があったので触れてみます。
西郷の再再婚の話でした。
お相手は幼馴染の糸どん。周囲から勧められての結婚と言う事で良いのかな。
糸は子を産めないので離縁になったと言ういきさつがあったと思います。たしかそうだったような・・・余りちゃんと見て見ていないので。
まず西郷はいま何才でしょう。
禁門の変あたりですから36~7才、したがって幼馴染の糸も似たり寄ったりの年令ではないでしょうか。
当時の武家の結婚には跡取りを作る事が大事ではなかったでしょうか。
子が生せない為に不縁になった中年女性を大事な長男の嫁に推薦するのは凄く不自然です。
糸の年令は20才すぎだったはずです。幼馴染設定にした為不自然な事になってしまっています。
まあそれはおいといて

今回。
西郷は倒幕~幕府を倒す事を決心します。
でも薩摩藩が、どうして倒幕に走ったのか説明はなかったですよね。
全部西郷の決心一つ。薩摩藩と言う大きな言ってみれば「国」がどうして西郷だけの決定で動くのか不思議です。
西郷は慶喜を牽制しようと近衛親子を訪ねます。そこで「やもり」と呼ばれる下級公卿岩倉具視の話を聞きます。
彼はかって将軍家茂と皇女和宮の結婚をまとめたやり手でしたが大久保の話によると今は蟄居の身になっているらしい。

西郷は大久保と共に力を借りようと岩倉を訪ねます。
下級公卿での岩倉は貧乏暮らしの足しにしようと邸内で賭場を開いています。(貸している?)
西郷は博打で大負け。ところがそこに何故か桂小五郎がいました。景気良く勝っているみたい。
しかしお尋ね者の桂が何故こんなところに。もうこのあたりで視る気は無くなりましたが、玉山さんの出番です。やむを得ず見ました。
西郷は薩摩と長州が手を組んで幕府を倒そう、と持ち掛けます
しかし禁門の変で大きな損害をこうむった長州が薩摩に西郷に好意を持てるはずがないでしょう。
そして大久保と口論となった桂が刀を抜き大久保も応じます。
もうやめて!と言いたいです。江戸屈指の道場練兵館の塾頭であり上段に構えたら敵なしと言われながら無用な切り合いを好まずそこから「逃げの小五郎」と言われたとも伝わる人です。
結局岩倉の一言でこの場は収まりますが、今回一体何のために桂さんは登場したのでしょう。
私にはわかりません。玉山さんに会えたのは嬉しいですが、こんな解釈のおかしなこのドラマには出て欲しくありませんでした。
まあマッサンの桜井統括であり、彼の出番の回は同じく野田directorですから仕方が無かったのでしょうけれど。
西郷は岩倉の「幕府の身分制度批判の文書」を見つけて彼に傾倒したようです。
若い藩士を連れて来るところで終。

そうそう慶喜の出番もありました。
しかしこの慶喜の書き方もひどくないですか。小賢しいと言う批判はありますが、頭の良い教養のある人だったはずです。
老中が使者に立った将軍の親書を破り捨てるなんておかしくないですか。
でもこの将軍は家茂ですね。松田翔太さん二役なんて(笑)

それと興をそがれたのは岩倉役の鶴瓶さん。
公卿の言葉ではありませんね。大坂の市井の人、いいえ鶴瓶さんにしか見えませんでした。
玉山さんの出番はあと1回くらいかな、それまではなんとか見る積りです。


Ka5a

« 「Jimmy~アホみたいなホンマの話」1-1 | トップページ | Jimmy~アホみたいなホンマの話 1-2 »

西郷どん」カテゴリの記事

コメント

なのはなさん、こんにちは。
バカボンとJimmy、どちらも玉ちゃん自身の優しさが透けてみえる良い役、そして良いドラマでした。
「笑い」がキーワードになってましたね。「笑いは人を幸せにする」「笑えない事も笑いにしたもん勝ち」。赤塚先生もさんまさんも辛い過去の経験から笑って生きて行く事を選んだ人達、深い言葉です。セーラー服とパーデンネン姿が見られるなんて、本当に貴重なドラマ達です。
西郷どんは、桂さんは素敵ですが話がつまらない。正直、櫻井Pは「江」もダメだったし「マッサン」も羽原さんの台本を女優の意見で変更したりと良い印象がない方なので、今回も期待はしていません。西郷の持ち上げ役に使われるのがオチだと思って活躍は期待せず、かっこいい玉ちゃんのビジュアルだけを楽しみま〜す。

めぐりんさん こんばんは
コメント有難うございます。

西郷どんは花燃ゆよりもつまらない最低の大河だと思います。
原作者、脚本家の発表があった時から予感はありましたけどここまで酷いとは・・・
制作スタッフがマッサンteamだったので何処かで出演があるかもとは思っていましたが悪い予感が当たってしまいました(笑)
桂小五郎は良い役なんですけれどねえ。
玉山さんが恰好良いだけに勿体ないなあと残念です。

バカボンとJimmy~は本当に面白くて、その上玉山さんが素敵で言う事はありませんね。
Jimmy~はまだ配信中の全話をみていないので、また感想を上げたいと思っています。
折角続けて出演した作品のうち大外れが大河ドラマなのが残念です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「Jimmy~アホみたいなホンマの話」1-1 | トップページ | Jimmy~アホみたいなホンマの話 1-2 »