« Jimmy~アホみたいなホンマの話 1-3 | トップページ | »

西郷どん 33回

第33回 糸の誓い

寺田屋で襲撃され傷を負った竜馬はおりょうとともに薩摩藩邸に助けを求めます。
西郷は二人を薩摩へ連れて帰ります。
西郷の帰りを待ち兼ねていた西郷家ではおりょうを西郷との関係を誤解してのドタバタ騒動が。
そのあとも西郷と糸との間に子が出来ない事などを巡って信じられないような品のない話が。
薩摩がイギリス公使パークスを招く事になりその饗応をどうするか西郷が竜馬に相談すると言うこれもどうかと思う話が。
そして幕府が長州征伐を実行し薩摩の大久保が断わる話とか将軍家茂が重病になった話が入ります。
竜馬はその長州へ。おりょうもあとを追います。

イギリス公使パークスが薩摩に入ります。
単身英艦に乗り込みパークスと会談する西郷。初対面でいきなり家老と名乗って会談を始めると言うこれも信じられない展開ですが、幕府から朝廷に実権を取り戻すと言う西郷に何故かパークスは簡単にに信じこんでしまいます。
ここも西郷が凄いから・・・今迄と同じパターンですね。
西郷の凄さが全然わからないけれど。
西郷は京へ発つことになり出立の日に糸が懐妊を告げる所で今回は終り。
政治や戦争を書かないと言う通り長州や薩摩の動き、特に薩摩とパークスの会談などあっと言う間に終わってしまいました。
この会談、もっとちゃんと書かなくて良いのでしょうか。
とても大事な事だと思いますが。
西郷と糸の話、竜馬とおりょうの話の方がメインなんて、これが大河ドラマであって良いのかと思います。

視聴者の求める大河ドラマってこんなものなんでしょうか。
私の感覚の方が可笑しいのでしょうか。
維新150年の記念作品と言う話も聞きましたがこんな展開なら年表に沿って史実通りに展開してくれた方がずっと良いのに。
当時の武家の女性の書き方にも毎回いらいらします。
他の作品にも言える事ですが、現代の感覚で「大河ドラマ」を書かないで欲しいです。
玉山さんの出てない回ですが、見てしまって余りにがっかりしたのでつい感想を上げてしまいました。
まあ良い加減にしか見ていませんでしたが「島」での生活をあれだけ詳しくやった作品ですから今頃こんな事を言っても仕方がありませんけれど。

« Jimmy~アホみたいなホンマの話 1-3 | トップページ | »

西郷どん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Jimmy~アホみたいなホンマの話 1-3 | トップページ | »