« ロンバルディア杯の月光など | トップページ | 西郷どん 36回 »

西郷どん 35回

35回 戦の鬼

桂小五郎は今回出演なし。桂さんの出る回だけ感想を書こうと思っていましたが、今回余りの展開に一寸文句を言いたくてblog更新しました。
このドラマ&主演俳優お好きな方はどうぞこのままお帰り下さいますよう!
相当言いたい放題言わせて貰ってます。

慶喜に先回りされて大政奉還をされてしまった西郷は、それでも武力で叩きのめす!と主張。諸侯会議のいきさつはすべてthrough。
これまでずーっと平和主義だった西郷が何故武力に固執するようになったのか説明が全く無いため見ている方はついていけません。
竜馬から大政奉還に土佐が動いた事を知る西郷、竜馬は西郷に乗る船が違ったと言いかれと別れます。
京で暗殺される竜馬、その裏に薩摩が動いたとの説もあるようですね。
このドラマで共感した数少ない話にこの竜馬の商人としての扱いがあります。
小栗旬さんも良かったし。お疲れ様でした。

西郷は江戸で浪士を集め薩摩と名乗ってて乱暴、藉を働かせます。
幕府を刺激して戦争に持ち込むつもり。しかし相良総三と赤報隊は登場せず西郷のセリフだけです。
度重なる放火強盗暴行にたまり兼ねた江戸警備の庄内藩が薩摩藩邸を焼き討ちしますが、何故そこだけ取り上げたのか、こんな扱いでは庄内藩はたまったものではありません。
薩摩、長州は正しくて幕府が悪とどうしても決めつけたいのですね。
主演の鈴木亮平さんも精彩がありませんね。何か魅力が感いられない。
体を作って、と努力されたようですが方向が違うのでは。
吉川晃司さんは体型はそのまま、それでも立派に西郷に見えましたよ。
まあこの脚本では俳優さんにお気の毒と言うしかないのかも。

慶喜の書かれ方もひどいですね。毀誉褒貶の激しい人ですがもっと聡明な人だったはずです。
大体西郷は斉彬に命じられて慶喜を将軍にする為に働いていたはずではなかったでしょうか。
慶喜の決断一つでもしかしたら日本はフランスとイギリスに分割された植民地になり今の日本は無かったかも知れません。
彼は支配者の地位を降りて静岡の一大名となりました。


ここからは全くのわたくし事です。
私の曾祖母は静岡出身です。もと幕臣で徳川家に従って静岡まで行った家に生まれたから。
90才すぎまで元気でしたが昔の話は余り聞いた記憶はありません。
私の実家も元幕臣だったそうで、祖父や伯父などから良く話は聞きました。
譜代の幕臣ではなかった勝海舟への批判などは多分に影響を受けています。

« ロンバルディア杯の月光など | トップページ | 西郷どん 36回 »

西郷どん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ロンバルディア杯の月光など | トップページ | 西郷どん 36回 »