« 西郷どん 第40回 | トップページ | 宇野昌磨君優勝おめでとう! »

西郷どん 第41回

第41回 新しき国へ

廃藩置県が実行され新しい体制が整ったはずの明治新政府。
ですが中は勢力争い、薩摩、長州に土佐、肥前は不満を持っています。
岩倉たちは対外国への不平等条約を改正すべく視察団を欧州へ派遣する事にします。
岩倉を筆頭に、木戸、大久保、伊藤、西郷が留守を預かる事になります。

薩摩の国守だった久光は花火を打ち上げる事で新政府への不満を晴らします。
有名なepisodeですが、期待外れでしたね。
もう少しすっきりと描けなかったのかと。久光に対しては本当にお気の毒な書き方かと思います。
西郷は天子様の全国ご巡幸を計画、薩摩にもご巡幸されます。
衣冠束帯の正装でお出迎えする久光の前にお出ましになった天子様は洋服をお召しでした。新しい時代を表す為にこの場を作ったのでしょうか。

留守政府内では肥前、土佐の不満は募っています。
そんな中長州出身で軍を預かる山縣有朋が公金を不正に商人に貸し出した事が表に出て、山縣は辞職に追い込まれます。
この山崎屋に関する1件もう少し詳しくやっても良いのでは、と思いましたがもっと重要な事も全部ナレーションで片付けるこの作品では取り上げただけましでしょうか。
そして西郷家では菊次郎の留学話が持ち上がっていました。
明治の留学生の話を西郷家に絡めて書こうと言う事でしょうか。

今回木戸さんは海外出張でお休み(冒頭一寸出ただけ)
増々気の乗らない感想になってしまいました。
いやなら見るのも書くのもやめれば良いのにと思いますが、やはり1分でも出番があれば見てしまいます。
俳優さんは皆全力で作品に立ち向かっていると思うので。

« 西郷どん 第40回 | トップページ | 宇野昌磨君優勝おめでとう! »

西郷どん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 西郷どん 第40回 | トップページ | 宇野昌磨君優勝おめでとう! »