« Jimmy~アホみたいなホンマの話 1-9 | トップページ | 星守る犬ノベライズ(映像と読書) »

西郷どん 44回

第44回 士族たちの動乱

士族たちが政府に不満を持ち各地で次々と反乱が起きるのですが詳しい事は何も書かれず。
又政府の中でも政策を巡ってかなり軋轢があったはずですが、詳しい事はこれも書かれず。
見ている私には只対立があったとしか判らない。
説明不足のまま、士族たちの不満が募り、政府内の対立からいきなり江藤新平の『佐賀の乱」がナレーションで語られるだけでした。
鹿児島の西郷の生活は詳しいですね。
のんびり日を送っているようにしか見えませんけれど。
その中、西郷を慕って次々と帰郷してくる青年たち。
生活出来ない、と不満を訴えます。
西郷は学校を作ります。

なにもかも駆け足の説明だけ、としか受け取れない展開です。
留学していた川路利良と村田新八も帰国。
西郷を取り巻く若者たちは私には誰が何の役だかよくわからないのですがこの二人はわかります。マッサンのお二人(笑)
川路利良は日本の警察を作った人ですがこの時点でこのような登場では何の説明も無いと思われますね。
でももし興味を持たれる方があったら伊東潤さん作「走狗」をどうぞ。
43話でもご紹介しましたがとても面白かったです。
余計な話になりました。


岩倉が刺客に襲われるシーンがあって、これも良くわからず。
不満を持った旧土佐藩士の仕業との事。
そして江藤新平が事を起こします。
しかし乱は鎮圧され江藤は即処刑、大久保の非情さが際立って来たようです。
こんなか書き方では実在の大久保さんに申し訳ないのでは・・・
木戸孝允は江藤との関係は良かったと思いましたが一切書かれませんでしたね。
西郷とは良くなかったと思っていましたがこの作では良いようです。
そうそうやはり留学していた菊次郎が帰国。
久保の妻が上京、今迄一緒に暮らしていたおゆうとの間で話し合いが持たれています。
こんなシーンは詳しい・・・まあ美女お二人ですから見た目は優しくて良いですけれど。

ドラマの順を追っての書き方では無いのでお読みいただいた方には申し訳ない感想になりましたが士族たちの動乱とタイトルを付けながらこの内容は無いでしょう、と思った回でした。
西南戦争が起きるまでには様々ないきさつがあったのにこのドラマにはもう残り時間が余りに少ない。どうするんでしょう。
征韓論も説明不足のまま西郷が下野しちゃったくらいですから仕方がないのでしょう。
とにかくどう最後まで持っていくのか、終わりまで見る積りではいます。

44b

« Jimmy~アホみたいなホンマの話 1-9 | トップページ | 星守る犬ノベライズ(映像と読書) »

西郷どん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Jimmy~アホみたいなホンマの話 1-9 | トップページ | 星守る犬ノベライズ(映像と読書) »