« 手紙 | トップページ | 平成の終わりに »

西郷どん 最終回

西郷どん感想

西郷どんの最終回が終わりました。
終わってから1週間近く経ってしまいましたが木戸さんも前回に退場してしまったので中々感想を書く気にならなくて・・・
余計気が乗らない・・・
でも折角最終回も見た事でもあるので少しだけ書いてみます。
終わってしまった事でもあり良い感想ではありませんので、少しでもこのドラマが」お気に召した方はご覧にならずに無かった事にして下さいませ。

鹿児島に引き上げた西郷軍が政府軍に追い詰められ敗北の中、西郷の身内が次々と死んで行く描写で終始したような印象しか持てませんでした。
何度か書いて来たように西郷の周囲の人間が描き分けられていない為、いきなり登場して死んで行くようにしか見えない。
桐野利秋などとても面白い(不謹慎でしょうか)人間なのに最後まで勿体ない使われ方でした。村田新八も川路利良も、です。
西郷の最期も変に凝らずに史実通りではいけなかったのでしょうか。
でも一番気になったのは西郷と言う人がどういう人で何をしたのかがさっぱりわからなかったことです。
具体的な描写もなく只素晴らしい人、良く出来た人と周りが持ち上げるだけでは西郷の魅力が全然わかりませんでした。
その上政権交代から新政府の描写が殆どない・・・
大久保利通に至っては途中でcharacterが豹変してしまったようにしか見えませんでした。

脚本家の責任でもあるでしょうけれど「政治と戦争」は書かない」と明言した脚本家を起用した製作者サイドの責任の方が重いかも。
西郷隆盛と言う人を別の切り口から取り上げるのなら彼の偉大さを書かなければ面白くもなんともないです。
大河ドラマはNHKの看板ドラマでは無かったのでしょうか。
一人あるいは複数の人間を取り上げある時代の流れを書く、と言うstanceでは無かったのでしょうか。
失望する事の多かったこの作品ですが、「大河ドラマ」はNHKでこそ作れる作品だと言う事を
まだ信じて優れた作品を期待したいです。
そして女性大河はまだやる積りでしょうか。
「直虎」は小さな一地方の領主に過ぎない主人公でしたが、戦国時代にその小藩がどう生きたかを上手に書いていました。
でもそれは彼女が領主だったからで誰それの妻や娘では中々そうはいかないのでは・・・
日野富子はやってしまったし。
時代はかぶるけれど寿桂尼とか、とても手は出せないと思うけれど持統天皇くらいかも。

最後まで読んで下さった方、いらっしゃいましたら有難うございます。
お粗末な感想失礼致しました。
Ka2b_2   K2a

« 手紙 | トップページ | 平成の終わりに »

西郷どん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 手紙 | トップページ | 平成の終わりに »