« いだてん 第1回 | トップページ | Men's JOKER 休刊 »

いだてん 第2回

第2回 「坊ちゃん」

前回はオリンピック予選会で金栗四三がトップでゴールインする場面で終わりました。
足の速い仏教の守護神「韋駄天」から嘉納治五郎が「韋駄天」と叫ぶ場面でした。
第2回は四三の生い立ちからです。


四三の生家は熊本でまだ西南戦争の戦火の跡の残る熊本場面から始まります。
生家は造り酒屋でしたが父の信彦が病弱だった為潰れています。
彼は7人兄弟の下から2番目、父が43才の時の子だったので四三と名付けられました。
以前は良くあった名付け方ですよね。私がすぐ思い浮かべたのは山本五十六元帥でした。
そして1年違いでこのドラマの語り手を勤める古今亭志ん生・・本名美濃部孝蔵が東京に産まれました。彼の生家は幕臣の家です。

四三は病弱でした。
その頃嘉納治五郎が熊本の第五高等中学校に赴任していたので父信彦は治五郎に抱いて貰えば元気になるかと思い立ち彼を連れて熊本まで出かけます。
第五高等中学と言えば「八重の桜」に登場した秋月悌次郎も教師をしていました。
小泉八雲に神の傍にいるようだと慕われた事も有名です。
話が逸れました。父子は熊本に40キロの道のりを歩いて出発。途中西南戦争の激戦地田原坂で休憩、戦争の話が出ます。
熊本に到着した二人は口ひげを生やした青年に出会いますがタイトルから想像すると夏目漱石でしょうか。
父子は治五郎に会う事が出来ず帰宅しますが、家族に父が「会った」と応えた事が四三には少し気になるのでした。

四三は小学校に入学しますが学校が遠く通学が大変です。そんな時長兄の実次に子供が産まれ、彼は出産の時の呼吸の様子を見聞きして走る時の呼吸法を学びます。
東京では孝蔵が小学校の時から飲む、打つ、買うの大変な不良少年になっていました。
父の煙管を質入れして父と巡査に追いかけられたり、少しあとの話になりますが吉原へ出入りして大変な目に遭ったり、と。

熊本では信彦が地を吐いて倒れ、四三は医者を呼びに行きます。帰途提灯を持って娘のヤスが追って来ます。後に彼の妻となるんですね。
家では兄の実次が父に四三は成績が良いので上の学校に行かせてくれと頼んでいます。
ヤスを背負って帰宅した四三は父の死に目に会えませんでした。
そして父の分まで走れと言われます。
走ってトンネルを抜けた先は中学、彼は中学校へ進学します。
寄宿舎から家に帰るには20Kを走って帰る、時代です。
彼も兵学校を目指そうと令水浴など体を鍛えるのですが兵学校は不合格でした。
学友の美川から東京高等師範学校を受験する事を知らされ、嘉納治五郎の名を聞くのでした。治五郎の名が彼の運命を決めるのでしょうか。

一方孝蔵も吉原で騒ぎを起こし寄席へ逃げ込み橘屋圓喬の噺を聞いて惚れこんで弟子になりたい、と思います。
二人の行く末が決まった回だったのでしょうか・・・
相変わらず話の動きが目まぐるしくついて行くのが大変には変わりません。
東京へ行って登場人物が増えて又暫くは覚えるのが大変かも知れません。
次回までにもし暇があったら第1回に登場した人物も含めて一覧表でも作ってみようかななんて思っていますが、出来るかどうかアブナイものです。

« いだてん 第1回 | トップページ | Men's JOKER 休刊 »

いだてん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いだてん 第2回:

» 『いだてん』、現代劇なのが残念だけど(第1~3回) [Coffee, Cigarettes & Music]
皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『いだてん』第1~3回の感想です。まずはあらすじ。1959(昭和34)年、高座に向かう古今亭志ん生(ビートたけし)。東京・日本橋は5年後の東京オリンピック開催に向けて急ピッチで高速道路の工事を行っていた。そんな中、志ん生の落... [続きを読む]

« いだてん 第1回 | トップページ | Men's JOKER 休刊 »