« 世代交代・・・・ | トップページ | いだてん 第13回 »

いだてん 第12回

第12回 太陽がいっぱい

7月14日 マラソン当日です。
四三の父との回想からスタート、熊本ではスヤが四三の実家を鯛を持って訪ねて来ています。
ストックホルムまで送って欲しいと言うが届くまでに2週間もかかってしまいます。
実次は時計をストックホルムの時間に合わせていました。それなら縁起物だからみんなで食べて応援しようと言う事になります。

ここでタイトル
競技開始は1時半ですが余裕を持って11時に出ようとする四三。安仁子は彼の写真を撮ります。
大森は監督として同行しようとしますが容態は悪く安仁子は必死に止めるのですが聞き入れない。
四三は大森とともにスタジアムに向かいます。

ここから志ん生の語りでドラマは進行。
孝蔵の初高座の演目は富久ですが稽古がうまく行かない、そこで俥を曳いて覚えたからと清さんから俥を借りて曳きながら稽古をします。
一方四三はスタジアムに向かいますが道がわからなくて困ったり、大森の具合が悪くなり彼を負ぶってやっとに到着。
この時大森と父の記憶を重ね合わせ幼い四三が出てきます。
会場にはクーベルタンと言葉を交わす嘉納や応援に来ている三島達。
やっとぎりぎりで身支度をととのえた四三は最後尾からスタートします。

熊本では自転車節を歌って応援するスヤさん。
午後の熱気の中最後尾から追い上げて行く四三。俥を曳きながら稽古をする孝蔵。
話は熊本、東京、現地と目まぐるしく交錯して語られています。
レースの模様は途中設けられた中継点から電話で競技場へ連絡。連絡を受けてその選手の所属する国の国旗を掲げて順位を観客に知らせています。
現在の1位のイギリス国旗が掲げられます。選手は南アフリカ出身ですが当時南アはイギリスの植民地でしたから。

強い日差しと熱気に次々と落語する選手たち。四三も朦朧として来ます。幼い自分の幻影を見ながら走る彼の様子。
そして倒れこむ彼の姿。
競技場には次々と選手たちが帰って来ます。一着はイギリスです。
しかし四三の姿はありません。棄権した選手たちの中にも彼の姿はありません。
嘉納や三島そして公使たちは必死に探します。
探しあぐねてホテルに帰って来ると、そこには四三の姿が。
公使は怒って責め立てますが、日射病で意識を失い通訳達に連れ帰られていたのでした。
負けは負け、すみませんすみませんと謝り続ける四三でした。

今回は現在と過去、熊本、東京、ストックホルム、四三と孝蔵・・・と交錯しながら話が進みました。
凝った造りでしかもとても歯切れ良く面白かったですが、別の書き方・・・ストレートな話運びにする方が見やすかったかも。とも思いました。

そして植民地の話が出ましたね。ベルリンのマラソンの事も書くのでしょうか。この話を入れたという事はきちんと書いてくれるのでしょうか。

 

 




« 世代交代・・・・ | トップページ | いだてん 第13回 »

いだてん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世代交代・・・・ | トップページ | いだてん 第13回 »