« JOC杯受賞 | トップページ | 連休明け »

いだてん 第16回

第16回 ベルリンの壁

オリンピックを目指し四三はマラソン一筋に生きる事にします。
はりまやの2階に下宿して練習に励んでいます。
辛作は四三のおかげでマラソン足袋が売れて喜んでいますが一方家の中で履く足袋がマラソン用で売れる事に少し複雑な思いをしています。
役者交代の辛作ですが殆ど違和感がないのはなんでしょうお見事というほかないのですね。
その富士山?いいえ箱根?の見える2階に下宿しながら池部家の仕送りで練習三昧の四三に後輩たちはなにか悪い事をしているのではと疑っています。
下宿の2階の向かいには三島家の女中をしていた花がいました。花は三島家から暇を取りミルクホールで働きながら東京女子師範入学をめざしていました。
そして嘉納の許へは新しく制定された五輪マークが届きます。
五大陸の団結と嘉納は喜んでいます。
が、その頃ヨーロッパではサラエボ事件が事件が起きたのでした。
事件から戦火がヨーロッパに広がって行くのです。


熊本では四三からの手紙を嬉しそうに読むスヤに幾江は東京へ行くようにと言います。
スヤが不憫なんですねえ。本当の母と子みたい。
ところが上京したスヤを四三は練習の為と追い返します。
怒り心頭の幾江は実次の所へ怒鳴りこみます。あんたに言っても仕方無いが他に言うところがないって可笑しい。
東京には3年のイギリス留学から二階堂トクヨが戻ってきていました。

東京高等師範ではオリンピック参加の会議が行われています。
費用の話などに二階堂は無意味だと、ヨーロッパを、世界情勢を考えろと言うのです。
しかしIOCは問題なしと言って来ています。嘉納は五輪は平和の祭典でありスタジアムは聖域だと主張します。

しかし戦火はヨーロッパ中に広がり五輪は中止に。部屋で一人膝を抱える四三の姿が。

ドラマはここで終わりですが、実は今回孝蔵の話を別に書く事にしてしまいました。
同時進行にしていくと私が混乱するので・・・
孝蔵は浜松で師匠に出ていけと言われて万朝と酒を飲んでいます。
しかし一文無し、万朝は逃げ出し孝蔵は牢屋(留置場?)へ入れられてしまいます。
そこで新聞を顔にかけて寝ている男が。その新聞には師匠の円喬訃報が載っていました。
たった一人自分を認めてくれた人の死。孝蔵は錯乱状態になります。

サラエボの事件は牢屋にも。しかし同房の男は関係ないと言い孝蔵にバナナを投げ芸をやれと言います。
師匠が得意だった文七元結を演じる孝蔵。
途中寝てしまった男はどうだと聞く孝蔵に長い話を覚えているのはえらい、と言います。
しかし面白くねえや!
前の回で酒屋の小僧のマーちゃんに同じ事をいわれていましたっけ。
そのマーちゃんは浜名湖で泳いで死にそうな腹痛に見舞われていました。実は後の田端政治だったんですね。

男は孝蔵に芸は今一つだけどどこかおかしなところがある。芸を始めるとそれが消えてしまう云々
そんなくさい事はしたくないと言う孝蔵に男は決めるのは客だと。
私にはよくわからない問答だけど孝蔵にはわかったようで・・・
もう一度文七元結。亡き師匠の姿を追いながら必死に泣きながら演じます。
彼ははさみを借りて髪を切り落とします。
そして一度破門された小円朝の許へ戻り、田舎の寄席でやり直しをする事に!

本当はこんなやり方はいけないのでしょうけれど。とても書きにくい、なので変則的なあらすじにしてしまいました。
一つの回に色んな事がぎっしり詰め込まれたような話の展開。私にはやはり志ん生の話は別のドラマで見たかったと思います。

 

*サラエボ事件 ご存じでしょうが一応簡単に。1914年4月オーストリア=ハンガリー帝国の皇太子夫妻がサラエボで暗殺された事件。
                                     

 

« JOC杯受賞 | トップページ | 連休明け »

いだてん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« JOC杯受賞 | トップページ | 連休明け »