« Japan Open出場! | トップページ | 新聞から »

いだてん 第25回

第25回 時代は変る

大震災のあと嘉納はオリンピック参加を決め予選会を開きます。
その予選会で母校の応援をしていた四三は選手より先にゴールインして3度目のオリンピック出場を決めてしまいます。
話は前後しますが今回も途中棄権、報告のシーンが後で入ります。

今回から第2部と云うことで主役交代。田端政治が主人公です。扮するのは阿部サダヲさん。
浜名湖で水泳中に沈んだまーちゃんが浮き上がって来ると成人した田端になっていると言う・・・8代将軍吉宗で包帯を取ったら西田敏行さんになっていた、を思い出してしまいました。

田端は東京帝大を卒業、朝日新聞に入社試験を受けます。ここの描写からもうドタバタ騒動。第1部に負けないハイテンションで進みます。
一度は落ちかけた田端は顔が良いから、との社長の一言で採用され政治部に配属。高橋是清率いる立憲政友会の担当になります。
朝日新聞の編集局長緒方竹虎さん。運動部の河野一郎さんも登場します。
お仕事の話も少々、大正からの改元で新年号のスクープ話などもありますが、そこはオリンピック噺、体協が水連と陸連に分かれて張り合っている様子など。相変わらず資金難で嘉納はまた私費参加の話を持ち出したりします。
地下に船舶実験用のプールを見つけてはしゃいだり、薬師丸ひろ子さん扮するママのバーへ行って占いで早死にの卦が出ていると言われたり。
これが孝蔵の落語噺が絡んで進行するので、なんだか騒々しいうちに第1回が終わってしまったような印象でした。
最後に田端が当時大蔵大臣だった(多分)高橋是清に掛け合ってオリンピック参加費用を貰って来るところでこの回は終わり。

別に訳が分からないほどのカオスではないけれど、絶賛する意見も多く見かけますが私は見ていて凄く疲れます。整理して筋道立ててきちんと書く気にもならず、来週(もう明日ですが)もこの調子で進行するのでしょうか。
疲れてお粗末な感想で失礼いたしました。


緒方竹虎役はリリーフランキーさん。高橋是清はこれが遺作になったのでしょうか、萩原健一さんでした。

« Japan Open出場! | トップページ | 新聞から »

いだてん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Japan Open出場! | トップページ | 新聞から »