« 宇野さんスイスへ net から色々頂いて来ました。 | トップページ | ひなたの佐和ちゃん波に乗る 放映 »

いだてん 32回 33回

32回 独裁者 33回 仁義なき戦い

録画をしたものの見ないまま2週間たってしまいました。
評判~視聴率~はやはりあまり良くないですねえ。32回5.0% 33回6.6%
折角録画したので消す前に2話分通して見ました。

2回分通して東京へオリンピックを招致するための関係者の活躍が書かれています。
日本は満州事変を引き起こした事から国際連合を脱退。
ドイツはヒトラー、イタリアはムソリーニの独裁政治と言う国際情勢を背景に話は進みます。
岸さんが亡くなり、嘉納治五郎は病気に。河野一郎は衆議院議員になっています。後任の副島伯爵、国連の事務次長だった杉村陽太郎それに田畑マーちゃんの招致活動の様子が描かれます。
皇紀と言う暦があったこの頃、皇紀2600年にどうしても東京にオリンピックを招致したい、と駆け引きに奔走する委員たち。
ヨーロッパのしたたかな外交ぶりもほんの少々。

熊本の四三も一寸顔を見せます。そして美川が久しぶりに登場。熊本でカフェを開いています。

落語パートが絡むのが煩わしいと思える私です。
この招致の様子をもう少し落ち着いて国際情勢やそれに伴う国内の情勢ももう少し書いてくれれば良かったのに。
政治とスポーツは無縁なんて本当に信じているわけはないでしょうから・・・・
まーちゃんはうるさいばかり、本当の田畑さんはあんな方だったのかしら。
嘉納さんの主治医?で東竜太郎さんが紹介されます。東京オリンピックの時の東京都知事ですが私には夫人が柴五郎のお嬢さんと云う事で認識されている方です。

次回(もう今週ですが)二二六事件ですね。
オリンピック招致運動はまだ続きます。

reviewとも言えないお粗末な文で失礼いたしました。

* 皇紀~神武天皇即位の年を元年とします。東京オリンピック招致の年は昭和15年(1944年)にあたります。

 

 

« 宇野さんスイスへ net から色々頂いて来ました。 | トップページ | ひなたの佐和ちゃん波に乗る 放映 »

いだてん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 宇野さんスイスへ net から色々頂いて来ました。 | トップページ | ひなたの佐和ちゃん波に乗る 放映 »